les inoubliables

les inoubliables TOP  >  excursion 小旅行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジタ礼拝堂

038.gif


ランスの続きです。お昼を食べた後は「フジタ礼拝堂」に向かいました。

ランスのノートルダム大聖堂からそんなに離れていない所にあります。



DSC_2102.jpg


実は3年以上前にも来たことがあるのですが、11月で閉館時期だったんです。


今回は念願叶って中に入ることが出来ました。


DSC_2110.jpg


小さな礼拝堂ですが、明るく、とっても居心地の良い場所でした。



DSC_2109.jpg


入り口です。

残念ながら中は撮影禁止でしたので、Patrimoine du champagneのサイトから

フレスコ画の写真↓をお借りしました。他の写真はサイトでご覧下さい。


foujita_fresques.jpg


礼拝堂で頂いてきたパンフレットに礼拝堂の歴史が

記されていましたので、一部ご紹介します。


『日本生まれの画家である藤田は1913年に渡仏し、モンパルナスに居を構えます。
彼はエコール・ド・パリ(パリ派)の画家として知られています。1959年、藤田は
ランスのサン・レミ聖堂から不思議なインスピレーションを受け、カトリックに改宗、
洗礼を受けランスのノートルダム大聖堂で結婚式を行います。彼は当時シャンパンメーカー
Mummの社長であった洗礼親のルネ・ラルーとともに、翌年、聖母マリアに捧げる
ロマネスク様式の礼拝堂を建設することを決意します。1966年6月から8月いかけて、
藤田は礼拝堂の壁一面を大変計算された絵画装飾で埋め尽くします。』




他の宗教画とは違った、彼独特のタッチで描かれたフレスコ画は圧巻でした。


DSC_2106.jpg


この礼拝堂は1966年に奉献され、同年10月18日、正式にランス市に寄贈されたそうです。

ランス美術館の入場料込みで一人4ユーロでした。

この後でランス美術館でも藤田画伯の作品を観ることが出来ました。





スポンサーサイト

ランスのノートルダム大聖堂

038.gif


昨日のReimsランスの続きです。ランスと言えばシャンパーニュ、

でも忘れてはならないのが「ノートルダム大聖堂」です。

DSC_2146.jpg
Cathédrale Notre-Dame de Reims



パリのノートルダムと同じく、左右対称に2本の塔が建ち、

ほぼ完全に左右対称。



DSC_2143.jpg



よく見ると下側と上側では色が違って見えませんか?

下側は汚れを取って明るい色になっています。



DSC_2141.jpg



外側のいたる所に施された彫刻が実に素晴らしい。

サイの様な動物をかたどった吐水口が幾つか見えます。

これはガーゴイル(gargouille)と呼ぶそうです。



DSC_2095.jpg



お昼はノートルダム大聖堂が見えるブラッスリーのテラスで食べることにしました。



DSC_2098.jpg


ハムとキノコのパイ包み焼き(Tourte au jambon et champignons)とロゼ。



画家の藤田嗣治氏は、この聖堂でキリスト教改宗の洗礼を受けたそうですが、

この後、藤田画伯がフレスコ画を描いた「藤田礼拝堂」に向いました。






シャンパンを買いにランスへ

038.gif


来月の義理父のお誕生日会の為に色々と準備をしていますが、

今日は車でランスまでシャンパンを買いに行ってきました。


DSC_2087.jpg


パリからランスまでは車で1時間半〜2時間位です。

高速を降りると、のどかな田園風景に。

コクリコ(ヒナゲシ)の花がキレイでした。


DSC_2075.jpg


ブドウ畑を見ながら上って行くと小さな村に到着しました。



DSC_2079.jpg


こちらが義理両親の代からお世話になっている

小さなシャンパンの生産業者「Champagne Munoz Bruneau」です。

ここのご夫婦がとっても良い方達で、シャンパンを頂きながら少しお話をしました。

今年の天候の悪さには頭をかかえていらっしゃいました。今朝の気温が5℃だったそう。

今年は春からずっとお天気が悪く、雨も多いので、ブドウの木にカビが生えたり、

育ちが悪いそうです。「先日は大量の氷が降ったのよ」と奥さんが冷蔵庫に保存していた

氷の固まりを見せて下さいました。直径2cm位の大きな固まりで、シャンパンを貯蔵している

倉庫の外側のシャッターがボコボコになるほどだったそうです。

10月頃からシャンパンの値段が上がるそうですよ(オランドさんが税率を上げるので)。








Compiègne/コンピエーニュ

038.gif

日曜日のピクニックの続きです。Compiègne/コンピエーニュの森を出て

近くの小さな村を通ると、沢山の車が道ばたに停まっていました。

何かのイベントかな?と私達も車を停めて行ってみると、ブロカントが行われていました。


DSC_0011-1_20120515052521.jpg


近くの人達が家に中にある要らない物を売っている感じで、何でも有りでした。

プロの出店はほとんどなく、でも古いナップとムショワール(ハンカチ)をゲットしましたよ。

3枚まとめて3ユーロとは安い!イニシャルの手刺繍のナップやハンカチはパリではもっと高いですから。

途中の屋台で休憩。ワイン1杯が1ユーロ、カフェが1杯0,5ユーロとこれまた安い!


DSC_0010_20120515052523.jpg

小さな村の周りを散歩している時に見つけたお家

その後、中心街にも行ってみました。


DSC_0036-1_20120515052523.jpg


これはジャンヌ・ダルクの像です。

ジャンヌ・ダルクは1430年にコンピエーニュの戦いで負傷、捕虜として捕らえられました。

捕虜となったジャンヌダルクはイギリス軍に引き渡され、その後ルーアンで火刑になりました。


DSC_0039-1.jpg


コンピエーニュの市庁舎です。ジャンヌ・ダルク像は市庁舎前の広場にあります。


DSC_0043_20120515160005.jpg

建物の上はからくり時計になっていて、1時間ごと(?)に3つの人形が動きます。

3時にここにいたので、人形が動くのを見ることができました。

ここに来るまで知りませんでしたが、コンピエーニュは歴史の舞台になった場所でした。

パリから車で1時間位なので、機会があれば、是非行ってみて下さい。









    コルザの咲く場所で

    038.gif

    DSC_0032.jpg

    今日(日)はこんな綺麗なコルザ(菜の花)の咲く場所でピクニックしてきました。

    ここはパリから北に車で1時間くらいの所にあるCompiègne/コンピエーニュの森です。

    この森は2つの世界大戦(第一次、第二次)の休戦協定の舞台になった場所で、

    オワーズ川(Oise)沿いにあります。


    DSC_0014_20120514023801.jpg

    オワーズ川は途中でセーヌ川に合流しています。

    オワーズ川クルーズも出来るようですよ。今はまだシーズンではないのか、

    私達の滞在中には1隻も見かけませんでした。


    DSC_0017-1.jpg


    菜の花畑を眺めながらのピクニックは気持ち良かったですよ。

    前日に準備しておいたタブレ(Taboulet)、サラダ、朝お肉屋さんで買ったロースト・チキンも

    美味しかったです。太陽の下の食事はやっぱり最高です!今年初のピクニックでした。


    DSC_0025_20120514023759.jpg


    オワーズ川の水門


    P1010064.jpg

    まだ時期的に早いのか、サイクリング中の方に出会った以外は誰もいませんでした。

    ほとんど貸し切り状態の菜の花畑の前でのんびりできました。

    続く....









      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。