les inoubliables

les inoubliables TOP  >  パリの手芸屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリの刺繍専門店-2

038.gif


Des Fils et une Aiguille



fils



オペラ座近くにあるパリの刺繍専門店『Des Fils et une Aiguille 』

『糸と針』とゆう名のこのお店は先日紹介したLe Bonheur des Damesより

全体的に少し甘い(可愛い)感じです。入り口のきれいなブルーが目をひきます。




fils2


ウインドーにはクロスステッチの小さな作品が並んでいます。

どれもキュートな物ばかり。ここの前を通ったらきっと入ってみたくなるはず。



刺繍キットは図案だけのものや生地、糸、図案がセットのものもあります。

図案は伝統的な物とゆうよりはどちらかとゆうと現代的な感じがします。



奥には麻や綿の生地が売られており、無地~柄物までありますが、値段が

ちょっと高めです。気に入った生地を見つけて値段を見たら1Mで50€でした。

小物用なら切り売りコーナーの生地で十分だと思います。



ここの特徴は刺繍用テープやリボンがとにかく充実していることです。

他のお店には無いものがここにはあって、刺繍用テープは巾や種類によって

色々使い分けが出来きそうです。リボンに関してはフランス語の文字入り

がおススメです。意外と文字入りテープがありそうでないんですよね。

それからユニークでキュートな釦が壁にびっしり飾られています。

洋裁道具の形やお菓子の形のミニチュアが釦になってて可愛いんです。

お土産なんかにいかがでしょうか。


中の様子はお店のHPのビデオでご覧になれます。



P1010033-2_20111216052004.jpg

ノエルのデコレーションのウインドー



Des Fils et une Aiguille

住所:1 rue Chabanais 75002

メトロ:Pyramides、Opéra‎、Chaussée d'Antin - La Fayette‎

時間:月~土  10:30~18:30



045.gif





    スポンサーサイト

    パリの刺繍専門店

    038.gif


    Le Bonheur des Dames


    パッサージュ・ヴェルドーの中の小さな刺繍専門店Le Bonheur des Dames 

    1年位前にヴィアデュック・デ・ザールにある同じお店を紹介したことがありましたが

    実はここのパッサージュ・ヴェルドーの小さなお店が1号店なんです。

    どちらのお店もいつもたくさんのマダムで賑わっています。



    bonheurdesdames

    この看板が目印です。



    オートクチュールのサロンやスタイリストの経験を持つセシル・ヴェシ エールさんが

    1979年に始めた刺繍専門店。フランスの女性のたしなみとされてきた刺繍を楽しめる

    ようにヴェシ エールさんが考案したオリジナルキットと見本が壁に飾られています。



    bonheurdesdames3



    クリスマスらしいウインドーの飾り。今、店内にはツリーのオーナメントキットや

    サンタクロースの刺繍キットが沢山あります。小さな物なら無理なく作れそうです。

    あちこちに刺繍糸やリボンテープがきれいに並んでいます。特にテープ類はお勧めです

    刺繍に関する材料はここで全て揃えることが出来ます。



    bonheurdesdames2


    これはいつか挑戦してみたいと思っているTout blanc

    全て白で統一されたレイアウトで素敵ですよね。

    その他にもキッチンシリーズ、お花シリーズ、海シリーズ.....etc

    お店に飾ってある額に入った作品は展示だけで、売られてはいません。

    欲しければキットを買って自分で作るしかありません。

    ちなみにTout blancのキットは75ユーロです。


    ヴィアデュック・デ・ザールにあるお店の方が広く、生地や材料が豊富です。

    パッサージュ・ヴェルドーのお店は小さいけれど、パッサージの中にあるので、

    昔ながらの雰囲気を味わいたい方はこちらをお勧めします。


    *店名のLe bonheur des Dames はフランスの小説家

    エミール・ゾラの作品から取ったそうですよ。



    Le bonheur des Dames

    * La Boutique du passage Verdeau 

    住所:8,passage Verdeau 75009

    メトロ:Grands Boulvards

    時間:月曜日 11:30~14:00,14:30~19:00
    火曜~土曜日 10:30~14:00,14:30~19:00


    *La Boutique des Voûtes

    住所:Le Viaduc des Arts  17, Avenue Daumesnil  75012

    メトロ:Bastille 又はLedru Rollin

    時間:月~土曜日 10:30~19:00


    HP: Le Bonheur des Dames


    045.gif





      モンマルトルの生地屋さん

      「パリで生地を探すなら、モンマルトル!」と言われる様にモンマルトルのサクレクールの麓には生地屋さんが数多くあります。
      私も時々リネンなどの生地や付属を買いに行きます。昨日は知人のフィアンセの方へ何か手作りのプレゼントをしようと思い、生地探しに行ってきました。


      地下鉄 Anversの出口からサクレクール寺院の手前まで登り、右に曲がると(Place St-Pierre)直ぐに生地屋街が見えます。


      P1010014.jpg



      道を挟んで右手にReine、左手に Marché St-Pierreと2つの大きな生地屋さんがあります。


      P0000000004.jpg




      Reine は1階が生地売り場、2階が付属(ボタン、リボン、ファスナー等)とカーテン用の生地売り場になっています。


      P1010017.jpg


      1階の生地売り場には各種プリント、無地生地に加えリバティー生地が豊富に揃っています。日本でメーターいくらか分かりませんが、ここでは22.90ユーロ/mでした。 イギリスで買った方が安いのかな?とネットで調べて見たら、19.95ポンド(約22ユーロ)/m なので、ほぼ同じ値段でしたよ。今月ロンドンに行くので、また報告できればと思います。


      P1010018.jpg



      続いてMarche St-Pierre リネンの生地を探すならここはお勧めです。

      1階はプリント中心の綿素材、2階はリネンやインテリア用の生地があります。特にナチュラル系の生地が充実しています。私はよく見本の生地を見せて、近いクオリティの物を探して貰います。



      P1010019.jpg


      この2軒で事は足りますが、インテリアファブリック用(特に厚手のプリント)が揃っているのがMOLINE


      P1010022.jpg



      ストライプ、花柄、水玉など、鮮やかな色の生地を見ているだけでも楽しめます。あれやこれや作りたくなってしまいます。


      P1010021.jpg










        パリの手芸屋: ENTREE DES FOURNISSEURS  

        038.gif


        ENTREE DES FOURNISSEURS 


        週に1回は必ずマレ地区を散歩します。

        私の住んでいる11区からは歩いて10分もかからないので、

        ちょっと時間があると散歩に行きます。

        多くのお店は日曜日も開いているので、旅行者の方にはお勧めです。

        今日は散歩がてら手芸屋ENTREE DES FOURNISSEURSに行ってきました。

        ここはリボンやボタンの種類が豊富で時間を忘れて見入ってしまいます。

        またリバティープリントの生地やフェルト、シレのかかった生地も買えます。


        マレの店




        マレの店2




        マレの店3




        ENTREE DES FOURNISSEURS

        住所:8 rue des Francs Bourgeois 75003
        Tel: 01 48 87 58 98
        時間: 月~土曜 10:30 ~19:00



        045.gif

        ランキングに参加しています。

        お気に召したら応援クリックしていただけると嬉しいです。

        Merci


        人気ブログランキングへ







          上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。