les inoubliables

les inoubliables TOP  >  その他のお店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jaques Geninのサロン・ド・テ

038.gif


昨日、今日と夫がロンドンから帰っていました。

滞在中は休む暇無く予定がびっしり。たまに帰ると皆そうだけど、

友人達との食事会に一緒に行ったりして、私もバタバタしていました。


今日は北マレ人気のショコラトリーJaques Geninに行って来ました。

先月行った時はヴァカンスでお休みだったので、

お昼に近くで食事したついでに寄ってみました。




外のウインドーです。今日はカメラを持っていなくて、

iPhoneでの撮影ですので、画像が悪くてすいません。


jacques-genin-003.jpg



広々とした店内は1階がブティックとサロン・ド・テ、

らせん階段を上がった2階はラボになっています。


IMG_0897.jpg


奥のサロン・ド・テでお茶をすることにしました。

私達は4人で、カフェとショコラを頼みました。

ショーケースにずら〜っと並ぶボンボンショコラの中から

7つを選んでいる時に夫がある有名人が隣にいるのに気づきました。

その方はアメリカの政治家ミット・ロムニーさんでした。

大統領選でオバマさんの対立候補だった方と言えば皆さんご存知ですよね。

ミット・ロムニーさんは奥様といらしてて、同じようにボンボンショコラを

選んでいらっしゃいました。



ちょっと見難いですが、こちらが私達が選んだショコラです。

ブラックベース、プラリネベース、ミルクベースに分けられていて、

その中に色々なフレーバーがあります。ちょっと迷ってしまいますが、

店員さんが丁寧に説明してくれます。

ミント、パッションフルーツなどそのままの味、とっても繊細なショコラです。

見た目もアート、大人のショコラです。


IMG_0900.jpg


こちらのPates de Fruits(パート・ド・フリュイ) も付いてきました。


IMG_0902.jpg


とにかく店内が素敵で、特にサロン・ド・テは優雅な気分になります。

お持ち帰りはシルバーのパッケージ、

9個10ユーロ、36個30ユーロ、72個60ユーロ、144個120ユーロの

4種類です。その他にもキャラメルが美味しそうでしたし、メニューには

シンプルなパティスリーもありました。

場所はメトロRépublique かFille du Calvaireから歩いてすぐです。



Jacques Genin Fondant Chocolat

住所:133 rue turenne 75003 Paris
営業時間:火曜~金曜日 11時~19時 土曜、日曜日 11時~20時 月曜定休






スポンサーサイト

Yellow Korner

038.gif


今朝はものすごい雷雨でした。晴れ間が出たものの夕方にはまた豪雨。

ちょっと蒸し暑く感じる一日でした。



ブログを始めてからとゆうもの毎日のように写真を撮っています。

しかし如何せんテクニックが無いので、いつかきちんと習ってみたい。

写真を撮られるのは嫌いでも、見たり撮ったりするのは楽しいもの。

マレ地区のフラン・ブルジョワ通りにYellow Korner イエロー・コーナー

とゆうフォトギャラリーがあります。時々ふらっと入ってみるのですが、

古い写真から現代の写真、様々な国の写真、多種多様の写真を見ることが出来ます。

奥にも部屋があるので、時間があればのんびり写真鑑賞するのもいいですね。


DSC_1922.jpg



蔦の絡まる入り口。この建物全体がこんな感じなんです。


DSC_1924.jpg


実は隣のお店は手芸店ENTREE DES FOURNISSEURS


DSC_1925.jpg


パリのガイド本にも載っているお店なので、ご存知の方も多いと思います。

手芸店に行った後はお隣のYellow Kornerにもぜひ寄ってみて下さい。


Yellow Korner

住所: 8 Rue des Francs Bourgeois, 75003 Paris
営業時間: 月~土曜日 11時00分~19時30分
日曜日 13時00分~19時30分








マレのエクレアのお店:L'ÉCLAIR DE GÉNIE レクレール・ドゥ・ジェニー

038.gif

今日(土)の午後、サン・ルイ島に行った帰りにマレのエクレアのお店

L'ÉCLAIR DE GÉNIE レクレール・ドゥ・ジェニーに寄ってみました。


NMS_0998.jpg



朝から今日のおやつはここのエクレアにしようと決めていました。

お店の前は何度か通って気になっていたんですが、未だ食べたことがなかったので。

去年の12月にオープンしたお店でオーナーシェフはクリストフ・アダムさんです。



NMS_0997.jpg



中に入ると直ぐに色鮮やかなエクレアが並んでいます。10数種類くらいあったでしょうか。

皆さんどれにしようか迷ってしまってる様子で、私もしばらく眺めては決めかねていました。



NMS_0995.jpg



写真はありませんが、エクレアの横にはボンボンショコラ(トリュフ)も並んでいます。

こちらもかなり美味しそうでしたよ。上の写真はボンボンショコラのボックスです。

箱も可愛いですよね。外のマークと同じ柄です。



DSC_0009-007_20130427233756.jpg



キレイな色のフランボワーズやピスタッシュなど目移りしてしまいましたが、

元々ショコラやカフェの普通のなんでもないエクレアの方が好みなので、

こちらのシンプルな2つを選びました。


DSC_0010-006_20130427233834.jpg


Chocolat grand cru/ショコラ・グラン・クリュ

グラナダの68%カカオのクリーミーショコラ。

思ったよりも甘過ぎず、クリーミーで、シュー皮も美味しかったです。



DSC_0012-007.jpg


Poire Belle Hélène/ポワール・ベル・エレーンヌ

一番下にに洋梨、その上にバニラガナッシュ+ショコラ、スライスアーモンド。

こちらもさっぱりした甘さで美味しかったです。

エクレアは1個4,5~6ユーロでした。

次回は違うタイプのエクレアとボンボンショコラの方も試してみたいと思います。


L'ÉCLAIR DE GÉNIE
住所:14 rue Pavée 75004
Tél: 01 42 77 85 11






MEERTのゴーフル

038.gif


2月頃に一度紹介したことがあるマレにあるパティスリーMEERT/メール

その時はケーキを買って帰って、後でゴーフルが有名だと知ったお店です。

今度買って帰ろうと思いつつ、前は通るもののまだ食べたことがなかったんですよね。


DSC_0180-003.jpg


今日、北マレから帰る途中に前を通ったので、寄ってみました。

中身は2種類くらいかなと思ってたら、なんと5種類もありました。

迷ったあげくに5種類を1枚づつ買って試食してみることにしました。


Picasa9_20121006035545.jpg


さずがに老舗のお店、袋も風格があります。

裏側には中身が分かるようにシールが貼ってありました。


DSC_0190-003.jpg


こちらが一つ一つ昔ながらの型で焼いているとゆうゴーフルです。

5種類の詳細は

*Vanille バニラ  *Pistache griottes ピスタチオとサクランボ、

*Rhum et Raisins ラム酒とブドウ  *Praliné プラリネ  *Spéculoos スペキュロス 

私はプラリネを知らなくて調べてみたら、焙煎したヘーゼルナッツやアーモンドに

加熱した砂糖を和えてカラメル化したものだそうです。

スペキュロスは分かりますか?フランスではよくカフェに添えてでてくる赤い袋の

キャラメルシナモンクッキーのこと。スペキュロスのクリームを使っているのだと思います。


食感はもっちり、味はそれぞれ違いますが、とにかく甘いです。砂糖がかなり入ってると思いますよ。

私のお勧めはスペキュロスかな。ちょっとスパイシーな感じが好みです。あとバニラやピスタチオもいけます。

ちょっと甘過ぎるので、1、2枚くらいで十分かもしれません。

お店の入り口に試食できるショコラがありました。ショコラもなかなか美味しかったですよ。

MEERT メール

住所:16 rue Elzevir 75003 Paris
メトロ:Saint-Paul
時間:火曜~金曜 10:30~19:00、土曜 11:00~19:00 ,
日曜 11:30~13:30と14:00~19:00

HP



折り紙ジュエリー

038.gif


マレのサン・タントワーヌ通りからヴォージュ広場に入るRue de Birague(ビラーグ通り)に

折り紙ジュエリーのお店「Claire Naa」があります。


P1010115-001.jpg


以前は「delphine parente」とゆう名のお店があったのですが、

近くに移転しました。前のお店の時から時々寄ってみてたんですよね。


P1010112-001.jpg

何故か最近こちらで折り紙を折る機会が何度かあって、友達の子供に鶴を折った時など

それまで遊んでいたオモチャなんて放っといて折り紙の鶴に夢中でした。

しかもどんどん小さく折っていくものだから、私の手元に釘付けです。

先週いた大西洋側の街でも「折り紙の展覧会」があって、義理の弟夫婦は行ったそうです。


そんなフランス人をも魅了する「オリガミ」をモチーフにした

「ORIGAMI JEWELLERYオリガミジュリー」のお店がここなんです。

デザイナーはクレアとアルノーの二人。鶴やウサギの折り紙が彼らによって

こんなジュエリーに変わりました。いかがですか?


d3b7533f5a3be3c4367f3ef1ae5688e9.jpg


1f2fba14e53b7d51298281286e159f42.jpg

b2d2d299c6db56b58d95edfcb5338ee5.jpg

ネックレスや指輪、ピアスの他にもカフスボタンなどもあります。

この辺りを通られた時にちょっと寄ってみてください。


Claire Naa

住所:10 rue de Birague 75004 Paris

メトロ:St Paul

Tél : 09 67 04 54 97

HP: http://www.origamijewellery.com




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。