les inoubliables

les inoubliables TOP  >  いいもの見つけた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のヴァレンライン切手はエルメス

coeur


フランスでは2000年から毎年オートクチュールのデザイナーがハートのバレンタイン切手を

デザインしています。過去にはクリスチャン·ラクロワ、シャネル、ジバンシー.........。

去年はAdeline André アドリーヌ・ アンドレで、とってもシンプルで透明な切手シールでした。


そして今年は Hermès エルメスです。

DSC_0008-004.jpg


まだ袋に入ったままで失礼します。Zoé Pauwelsとエルメスとの

コラボスカーフがヴァレンタイン切手に再現されました。まさにエルメスとゆう感じです。

この中に小さな5つのハートがあります。そのハートを切り取って貼るようになっています。

シート1枚(5枚分の切手入り)が2,90€ でした。去年は3€だったので若干安くなっています。

只今フランスの郵便局で購入できます。外に並んでいないので、カウンターで聞いてみて下さいね。











スポンサーサイト

美味しいブリオッシュ

038.gif

P1010055_20120524035527.jpg


昨日ボルドーからの帰り道にこんな看板を見つけました。

小さな手作りブリオッシュのお店です。


P1010056.jpg


白い大きな一軒家の一角にあるこのお店。壁にもブリオッシュの絵が見えます。

中に入ってみました。パン職人の方が一人でブリオッシュ作りから販売までされていました。



DSC_0002_20120524035525.jpg


保存料などいっさい使わず時間をかけて焼き上げた自慢のブリオッシュらしいです。

今朝食べましたけど、ほんと美味しかったですよ~柔らかくてフワフワでした。


DSC_0010-002.jpg


いつも朝食にはバゲットを食べているので、時々ブリオッシュにするのも良いですね。

そのままバターとジャムをつけて食べても美味しいし、トーストしてもサクサクして美味しいです。









    エーグルのラバーブーツ

    038.gif

    車で夫の実家に行く度にAIGLE エーグルの工場の前を通っていました。

    工場の隣には直売所があり、かなり安く買えると聞いていました。毎回日曜日に通っていたので、

    寄れずにいましたが、今日は念願かなって中に入ることが出来ました。


    P1010075_20120520025433.jpg

    AIGLEは150年の歴史を持つフランスのアウトドアブランド。

    何年か前に日本でも流行った(今でもファンは多いと思いますが)ラバーブーツは特に有名で、

    セレクトショップにも置いてありますし、よく雑誌にも取り上げられていますよね。

    アウトドアブランドなので機能性はもちろん、ファション性もあるので人気なのだと思います。


    P1010082.jpg


    お店の入り口にオブジェの様に置かれたブーツの型


    P1010083_20120520025431.jpg


    店内はこんな感じ。洋服、カバン、靴等すべてのアイテムが揃っています。

    かなり安いですよ。正規の値段の半額くらいで購入出来ます。


    DSC_0006-1_20120520025430.jpg


    私はJumping (ジャンピング)を選びました。2トーンのデザインがおしゃれで、

    ラバーなのにレザーの質感です。雨の日はもちろん、普段でも履けそうです。

    ジャンピングはフランスで正規に買うと110ユーロ(約11,000円)ですが、

    日本で買うと23,100円もします。工場のお店ではなんと55ユーロ(5,500円)でした。

    BENYL /ベニルのタイプは35ユーロ位でした。やはり工場直売は安いですね。


    Magasin d'usine Aigle‎

    住所:ZI Ingrandes 86107 Châtellerault

    時間:月曜~土曜の9時~19時

    この辺りを通る機会があれば是非寄ってみて下さい。








      パン・ド・カンパーニュBIO

      038.gif


      DSC_0051.jpg

      今日は出先でパン屋さんに寄ったら、

      美味しそうなBIOのパン・ド・カンパーニュ/田舎パンがあったので買ってみました。

      ビオとは、ビオロジック(biologique/オーガニック)の略です。

      BIOの小麦粉や天然酵母を使って手間ひまかけて焼いたナチュラルなパン。

      特別に味や食感が違うわけではないけれど、美味しい上に体にもいいのが魅力。

      パリにはBIOの農作物や加工食品のみを扱うBIO食品のお店があちこちにあります。

      こちらではBIOは関心が高く、人々の暮らしに身近なものになってきています。



      DSC_0023-001.jpg

      パリは今日も雨で、時折激しく降っていました。

      暫くは雨マークが付いています。早くぽかぽか陽気にならないかな~









        近所のブロカントで見つけた物

        038.gif

        P1010070-001.jpg

        今日は朝から良い天気でした。しかしまだまだ肌寒いです。

        今朝、ご近所さんから「近くでブロカントしてるよ」と教えてもらったので、行ってきました。

        大通りに長い露天が並び、古い物だけじゃなく現行物やガラクタも、なんでもかんでも。

        古本の所でかなり長く物色して、ぐるっと通りの左右を廻って帰ったら2時間以上経ってました。


        DSC_0007-003.jpg

        今日見つけたものはこちら

        これ、何を入れるものだと思いますか?ヒントはHとVのイニシャルです。

        油と酢入れなんです。Hがhuile/油でVがvinaigre/お酢です。

        気に入ったので値段を聞いたら2つで3ユーロにしてくれました。

        古いものらしいです。一輪挿しにしようかな。

        DSC_0010-006.jpg

        それから古本の所で物色していたのはこちらの本。

        1959~1964年のMon Ouvrage madameとゆう古い手芸雑誌です。

        手芸好きな私にとってはお宝雑誌なんですよ。

        DSC_0015-005.jpg

        50年位前の雑誌ですけど、今見ても新鮮で、非常に興味深い記事が満載です。


        DSC_0017-004.jpg



        刺繍の図案もいろいろ載ってます。

        1冊1.5ユーロのところを値切って3冊で3ユーロにしてもらいました。

        明日は日曜日なので、じっくり見ようと思います。










          上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。