les inoubliables

les inoubliables TOP  >  filmes

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロッシュフォールの恋人たち:Les Demoiselles de Rochefort

038.gif

昨日ご紹介したジャック・ドゥミ監督の展覧会

「Le Monde enchanté de Jacques Demy」
の続きです。

「シェルブールの雨傘」の次は「ロッシュフォールの恋人たち(1967年)」です。


ac4c3477-5eb8-4684-85cb-116.jpg



フランス西南部の海辺の街ロシュフォールが舞台のミュージカル映画です。

原題は「Les Demoiselles de Rochefort」あらすじはWikipediaでご覧下さい。

主役はカトリーヌ・ドヌーヴ(左)と実の姉フランソワーズ・ドルレアック(右)

美しい双子の姉妹のお話です。姉のフランソワーズ・ドルレアックはこの映画の後、

ニースに向う運転中に25歳の若さで亡くなりました。ディオールのモデルを

務めたほど小顔でスタイルが良く、カトリーヌ・ドヌーヴよりも魅力的です。



NMS_1048.jpg


NMS_1057.jpg



初めてこの映画を観た時 ミシェル・ルグラン の 音楽 にはまってしまい、

サウンド トラック のCDを買って、 ヘビー ローテーション していました。


NMS_1047.jpg


NMS_1059.jpg


上の二つの写真は姉のフランソワーズです。本当に美しく、存在感があります。



DSC_1090_20130430024856.jpg



この映画は衣装、美術、街の全てがパステルカラーで統一されたジャック・ドゥミの世界。

最初に観た時、ロッシュフォールの街はなんて素敵な所なんだろうと想像していました。

そして、フランスに住んで最初の夏にロッシュフォールの街を訪れる機会がありました。

実は義理の両親の家からロッシュフォールまでそんなに遠くはなかったんです。



P8033526.jpg



これはその時に撮った写真で、今のロッシュフォールの街です。

この広場が見渡せる家の2階に姉妹は住んでいる設定で、実際ここで撮影されました。

映画の様なパステルカラーの街ではなかったけれど、雰囲気のある港町でした。



NMS_1064.jpg



NMS_1062.jpg



上の写真のシーンの部屋が再現されていました。



DSC_1084_20130430032831.jpg



ジャック・ドゥミ監督の右側の壁にかけてある女性の絵は

映画を観たことがある方ならご存知ですよね。

そう、水兵のマクサンスが自分の「理想の女性」を描いた絵です。



NMS_1066.jpg



当時の絵のレプリカが展示されていました。



DSC_1086_20130430034324.jpg



最後は貴重な「ロッシュフォールの恋人たち」の映画試写会の招待状です。

他のフランス映画に比べて単純で分かり易く、音楽、ダンス、ファッションが楽しめる映画です。


Le Monde enchanté de Jacques Demy
展覧会場所:La Cinémathèque française
住所:51 rue de Bercy 75012 Paris
サイト:http://www.cinematheque.fr/


追記:今夜、偶然にもテレビで昨日のブログの最後に紹介した

ジャック・ドゥミ監督の映画「LOLA」をやっていました。

監督の故郷、港町ナントを舞台にした美しいモノクロ映画で、

3つの恋物語が重なり合って、とても素敵なお話でした。

監督のデビュー作「LOLA]、おススメです。











スポンサーサイト

ジャック・ドゥミの世界 「Le Monde enchanté de Jacques Demy」

038.gif

先日の暑さがうそのように急に気温が下がった週末のパリ。

最高気温が10℃。片付けた冬物をまた引っ張り出してしまいました。


16334.jpg


さて、今日は12区、Bercyベルシーにありますシネマテークで開催されている

ジャック・ドゥミ監督の展覧会 「Le Monde enchanté de Jacques Demy」を観てきました。

フランス映画好きの方ならジャック・ドゥミ監督のことは良くご存知のことと思います。

フランス映画に詳しくない方でもカトリーヌ・ドヌーブ主演、ジャック・ドゥミ氏が

監督した映画「シェルブールの雨傘」はご存知ですよね。


DSC_1093.jpg


先ずはその「シェルブールの雨傘」から。1964年の作品です。


NMS_1033.jpg


ミシェル・ルグランによる音楽、あの切ないメロディーの楽譜です。


DSC_1096.jpg


音楽もさることながら、私はこの映画の衣装と美術デザインを

いわゆるオシャレの「教科書」みたいに思っていて、

トレンチコートが好きになったのも、この映画の影響なんです。

なにしろ色使いが見事で、ワンピースと壁紙の柄がマッチしていますよね。


NMS_1029.jpg



NMS_1031.jpg



本当、今見ても素敵!後日紹介する「ロッシュフォールの恋人達」同様

大好きな映画です。この時代のフランス映画はどれもオシャレです。



NMS_1041.jpg


上の写真はジャック・ドゥミ監督がこの映画を撮っていた当時の手帳です。

映画のセットの図でしょうか。


NMS_1043.jpg


スケジュール表やカトリーヌ・ドヌーブのスナップ写真など、

当時の貴重な資料を見ることが出来きます。


NMS_1042.jpg


舞台になった傘店の前での集合写真です。


NMS_1044.jpg


映画製作中のメイキング写真。


NMS_1015.jpg


右上の方がジャック・ドゥミ監督です。

その下に写っているのは大好きな女優アヌーク・エーメ。

映画「男と女」で演じたアンヌの役は有名ですが、

これはジャック・ドゥミ監督の映画「LOLA」での写真です。

実はジャック・ドゥミ監督の処女作でした。1960年の作品です。

次回に続きます。。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。