les inoubliables

les inoubliables TOP  >  2011年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Panthéonとキューリー夫妻

パリはここ数日寒い日が続いています。今朝はかなり冷え込んで、-3℃でした。

日曜日の朝はパン屋でフィセル(細いフランスパン)やクロワッサンを買ってきて、家でゆっくり朝食を取るのが我が家の習慣です。 とにかく日曜日はのんびりしたい私達。

外は寒かったけれど、午後5区のカルティエラタンへ散歩に出かけました。

パリの5区、聖ジュヌヴィエーヴの丘、名門高校のLycée Henri-IV(アンリ4世高等学校)の傍にパンテオンがあります。
8世紀後半に、サント=ジュヌヴィエーヴ教会として建設されましたが、後にフランス史に貢献した偉人を祀る場所となりました。
ここにはキューリー夫妻、ヴィクトル。ユーゴ、ジャン=ジャック・ルソーなどの名立たる偉人が眠っています。

壮大なドームが見えますか? パンテオンの正面です。
pantheon.jpg

入口天井の見事な石の彫刻です。1755年に建設が始まって、1792年竣工されたそうです。

パンテオン内は8ユーロで見学できます。

panthepn2.jpg

広場の正面の道 Rue Soufflot を下るとリュクサンブール公園(Jardin du Luxembourg)にたどり着きます。

公園内の噴水のある池の水は凍っていました。

天気が良かったので、池の周りの椅子で日向ぼっこしたり、散歩している人達をみかけました。私達もちょっとカフェタイム。


公園を出て、Monge方面に向けて歩くと、カルティエラタンの名のごとく、いくつも学校があります。

そしてキューリー夫妻の研究室があった、Ecole de Physique et Chimie Lindustriellesです。

ecole3.jpg

建物の側面には確かにここはキューリー夫妻がラジウムを発見した研究所であると記されています。

ecole4.jpg

キューリー夫妻はここで研究に打ち込み、そして今はこの町に眠っているんですね。












    スポンサーサイト

    Lafayette Café

    フランスの冬のソルドもあと数日で終わりですね。
    今日の午後、来月誕生日を迎える主人への誕生日のプレゼントを探しにギャラリー・ラファイエットに行って来ました。

    メンズ館をぐるっと見て、買い物をした後、本館6階にある ラファイエット・カフェに寄ってみました。


    Lafayette Café: ここはセルフサービスのカフェテリアで、グリル料理、パスタ、サンドィッチ、ケーキ類、カフェ、ワインまであります。 ケーキの種類も豊富で迷ってしまいます。

    cafe.jpg

    そして遠くにエッフェル塔やすぐ近くのオペラ座を眺めながら食事やお茶ができる超穴場なんです。
    cafe2.jpg

    ここはオペラ座の真裏に位置しています

    cafe3.jpg

    遠くにエッフェル塔が見えます
    cafe4.jpg

    今日選んだのは、赤い果実のタルト

    cafe5.jpg

    味は普通、値段はケーキ 4.40ユーロ、カフェ 1.4ユーロでしたので、こちらも普通でしょうか。

    前回来た時は昼食時でしたので、かなり混んでいましたよ。

    買い物に疲れたら、ここで一休みしてはいかがですか?








      パリ散策:モンマルトル

      先週、ロートレックの絵を題材にした物語( Un bol au Moulin de la galette)をテレビで見て、急にモンマルトルに行きたくなりました。
      ロートレックはモンマルトルに住み、ムーラン・ルージュをはじめとしたダンスホール、酒場などのポスターを描いたことで有名な画家です。

      今日(日曜)の午後、モンマルトル散策に出かけました。サクレクール寺院(Sacré Coeur)のふもとには生地屋や手芸店が多いので、時々生地探しには来ていますが、上まで登るのは半年ぶりくらいでした。夏の天気の良い日はパリの街がきれいに見渡せるんですけどね~、今日は曇りで霞んでいました。


      montmartre12.jpg

      サクレクールの裏側に出て、モンマルトルの丘を今度は下っていくと、

      montmartre3.jpg

      Rue des Saules 沿いに葡萄畑(La vigne de Montmartre)があります。
      パリに唯一残るこの葡萄畑は非常に小さく、でもなんだか情緒があってこの町にとけ込んでいるように見えます。

      montmartre4.jpg
      montmartre5.jpg

      同じ通りの角にひと際目を引くピンク色のカフェLa Maison Roseを見つけて入ってみました。店内も淡いピンク色で、小さいけれど2階席もある可愛いカフェでした。
      montmartre8.jpg

      クレープとカフェクレームを注文。Beurre Sucre(バターと砂糖)のクレープです。シンプルで甘過ぎないので、いつもこれを注文します。
      montmartre9.jpg

      この辺は普通の住宅街になっていて、坂も多く、石段を上がったり、下りたりで住んでいる方々は大変だろうなと想像します。 
      montmartre11.jpg

      テルトル広場にはいつも画家達とその絵で埋もれています。
      montmartre7.jpg

      そして120年以上の歴史をもち、ロートレックも常連だったキャバレー”ムーランルージュ”

      montmartre6.jpg











         


        パリのグランパレで「クロード・モネ展」を見る

        2010年9月から始まったクロード・モネ展も1月24日で終了します。印象派の画家の中でもとりわけ大好きなクロード・モネ。昨日の午後、天気も良かったので、行きそびれていたこのモネ展を見にGrand Paraisに行ってきました。

        事前にチケットを購入できれば良かったのですが、既に一杯でした。待ち時間も覚悟して、とにかく行ってみました。 

        会場グラン・パレの入り口には長い列ができてていて、いつ入場出来るか分かりませんでしたが、ここまで来たのだからと並ぶことにしました。雨や雪の日なら諦めて帰ったかもしれません。幸い天気も良く、それほど寒くもなかったので待つこと1時間半、4時半にようやく入場できました。

        monet.jpg

        とにかく圧巻でした!この一言です。フランス国内のみならず、アメリカ、ロシア、ポルトガルなど世界中の主要美術館から集められたモネの名作、約200点あまりを一度に見る事ができます。 作品の多くはオルセー美術館貯蔵のものでしたので、以前にも見た事はありましたが、あまり知られていない作品もあり、モネ好きには堪らない企画展になっています。

        モネが画家としての生活をスタートした1860年代の初期の作品から、ジヴェル二ーの睡蓮まで、テーマや年代に沿って紹介されていました。 

        個人的に好きな作品は「日傘をさす女性」です。 モデルは妻のカミーユと傍らに息子のジャン。 風になびく髪やドレス、そして光、まさに動いている印象を与えられます。 

        それから セーヌ川に沈む赤々とした太陽の絵や霧のロンドンの絵も好きです。 

        そしてなんと言ってもジヴェル二ーの睡蓮です。青い睡蓮、紫の睡蓮、赤の睡蓮など、同じ様でいて、少しずつ変化しています。 モネが同じ対象をまったく同じ角度から何度も描き、その時々の光や色の変化を執拗に追及したのが読み取れます。 


        たっぷり2時間鑑賞し、美術館を出た時には既に暗く、しかし終了間近のせいか見学者は後を絶ちません。
        まだ見られていない方はお早めに!!

        monet2.jpg


        <詳細>
        開催期間:2010年9月22日~2011年1月24日
        会場:グラン・パレ(パリ)
        メトロ:1番線または13番線のシャンゼリゼ・クレマンソー駅
        開館時間:火曜日以外の毎日、金・土・日・月9:00~22:00、水10:00~22:00、木10:00~20:00
        入場料:12ユーロ









           

          パリのサロン・ド・テ&パティスリー :Le Valentin

          9区、パッサージュ・ジュフロワ(passage Jouffroy)の中に小さなサロン・ド・テ&パティスリー Le Valentinがあります。(1867創業)

          salon5.jpg

          salon.jpg

          1階はお持ち帰りできるパティスリー、とカフェ、2階席もあり、食事もできます。
          自家製ジャム、チョコ、そしてケーキ。どれも素朴でやさしい味です。

          salon2.jpg

          この日注文したのはレモンケーキと紅茶。 

          salon3.jpg

          ここは紅茶の種類が豊富で、鉄瓶で出てきます。ここに限らず、パリで鉄瓶はよく見かけます。

          salon4.jpg

          実はここのサロン・ド・テは初めて出張でパリに来た時、パリ在住の方に連れて来て頂いた思い出の場所なんです。お土産にジャムを頂いて、その美味しさに感激したのを覚えています。
          パッサージュ・ジュフロワ(passage Jouffroy)を出ると、一本小さな道を隔ててパッサージュ・ヴェルドーがあります。古本屋、雑貨屋、画廊、アンティークショップ、など見ているだけでも楽しめます。
          以前紹介した手芸屋(クロス刺繍専門) Le Bonheur des Damesはパッサージュ・ヴェルドーにあります。
          散歩の途中でここのカフェでのんびりしてはいかがですか。


          <お店情報>
          ル・ヴァロンタン
          Le Valentin

          住所: 30-32 passage Jouffroy - 75009 Paris
          メトロ: 8・9番線:
               Richelieu - Drouot
               Grands Boulevards

          営業時間:9:30~19:30
               10:00~19:00(日曜日)
          定休日 なし
          Tel :   01 47 70 88 50








             


            プロフィール

            hiromi

            Author:hiromi
             


            上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。