les inoubliables

les inoubliables TOP  >  2011年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マチスの部屋

先日見に行ったサンローラン展(こちらからご覧下さい)の後Musée d'art moderne de la Ville de Paris パリ市立近代美術館に寄ってみました。



musee.jpg



お馴染みのパレ・ド・トーキョウの隣にあります。常設展は無料で、大抵空いています。時々こことプティ・パレはふらっと寄ってみます。カフェで休憩もできますし。

中央石段の横ではいつも子供達がローラースケートで遊んでいます。

1階の窓からはエッフェル塔が見え、モディリアー二の「青い目の女」、ピカソ、ユトリロ、フジタ....絵画だけじゃなく彫刻、現代アートに至るまで、たくさんの作品を見ることが出来ます。
これで無料とはありがたい!さすがパリ市!

2階の「マチスの部屋」 ここはお勧めです。天井が高い部屋で、壁の上部にマチスの「ダンス」が掛けられています。3枚で一つの絵になってるんですよね、かなり大きな作品です。

この日、広い空間に私を含め2人しかおらず、貸切状態でした。もう一人の方が写真を撮っていたので、私も撮ったんですけど、もしかして撮影禁止なのかもしれません。

隣の部屋にはもう少し鮮やかな色の「ダンス」があり、ここではソファーに腰かけて、のんびり鑑賞。
この広い空間にわずかな絵画のみの贅沢な使い方が好きです。




musee2.jpg




musee3.jpg




パリに来て良かった事の一つが、気軽に美術館に行ける事。特別展以外はあまり混んでないので、自分のペースで鑑賞することが出来ます。 



Musée d'art moderne de la Ville de Paris パリ市立近代美術館

住所:11,avenue du Président Wilson 75116
メトロ:Alma-Marceau
開館: 10:00~18:00(木曜 22時まで)
休館:月曜、祝日











     

















    スポンサーサイト

     L'exposition Saint Laurent rive gauche :イヴ・サンローラン展

    昨年のイヴ・サンローラン展に続き、パリでは今 Saint Laurent rive gauche : La révolution de la modeと題した展覧会が開催されています。
    先日見てきましたので紹介します。


    YSL.jpg


    プティパレで開催された昨年のイヴ・サンローラン展は私も見ましたが、300点以上ものモデルが展示されていて、かなり見ごたえがありました。

    今回は60点と少ないものの、1960年代、一番最初の彼のブティック(パリ左岸 Rue de Tournon )の雰囲気、装飾が再現された貴重な展覧会になっています。


    壁や空間全体が赤で統一され、奥の壁にはサンローランが等身大より大きく描かれています。

    紫色のなんとも言えない曲線の椅子も実際に使用されていたのでしょう。

    バックやシューズ、ベルトも壁の棚に飾られ、まるで60年代のお店にいる感覚でした。

    BGMはビートルズ。

    前回も感じたのですが、ピーコート、トレンチ、パーカー、ワンピース、どれを見ても、今着てもおかしくないものばかり。

    襟ぐりの開き、襟の形、ポケットの大きさ、位置が絶妙です。デザインに無駄が無い。
    個人的にはベージュのサファリスタイルやAラインのワンピースが好みです。そしてスモーキングは何時見てもかっこいい!


    入ってすぐの壁にはサンローランへのインタビューの映像が映し出されています。

    印象的だった言葉は ”未来のモードには興味はない。今しか! 興味があること、それはどんな女性でも着れるワンピースを作ることである。”



    場所はサンローラン社の建物ではないかと思います。

    この様に壁にYSLマークがありましたから。


    YSL2.jpg


    YSL3.jpg

    平日だったからかもしれませんが、あまり人はいませんでした。

    そんなに広い場所ではないですし、点数も少ないので、15分もあれば大丈夫です。

    外出中に少し時間のある方は寄ってみられてはどうでしょうか。パレ・ド・トーキョーの近くです。


    <詳細>

    l'exposition Saint Laurent rive gauche

    開催期間:3月5日~7月17日
    住所:  3, rue Léonce Reynaud, 75116 Paris
    メトロ: Alma-Marceau 又は Inéna
    時間:  火~日曜日(祝日は閉館)、11:00~18:00
    料金:  7ユーロ  25歳までの学生は5ユーロ、10歳以下の子供さんは無料

    サイトはこちらから












      プロフィール

      hiromi

      Author:hiromi
       


      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。