les inoubliables

les inoubliables TOP  >  2011年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァンセンヌの森でピクニック

今日も昨日に引き続き晴天で、気温が37度まで上がるだろうと天気予報は予測してましたけど、現在午後4時過ぎで36度。暑いです!

昨日の日曜日は久々の夏日で、気温もグングン上がって暑かった~。朝の新聞によると、カフェのテラスは満員で、セーヌ川沿いには人が集まり、ルーブル美術館のピラミッドの周りでは水に足を浸けて涼を取る人もいたとか。

久々の晴天を楽しもうと友達夫婦とヴァンセンヌの森にピクニックに行って来ました。
以前紹介したのは、ヴァンセンヌの西側でしたが、今回は東側、Lac des Minimeの近く。


P1010162.jpg


木陰に敷物を広げて、先ずはロゼワインで乾杯!
ローストビーフとシーザーサラダ 、ラタトゥイユやチーズも用意しました。


P1010160.jpg


デザートのサクランボのクラフティ
クラフティとは" クレープ生地にサクランボを埋めこんで、焼いたお菓子"です。簡単に出来て、素朴な味。


P1010165.jpg


食後はのんびり本を読んだり、お昼寝して起きたら4時過ぎてました。いや~今日も暑いけど、昨日も暑かった!またまた日焼けしてしまいました。


P1010168.jpg



P1010174.jpg


可愛い女の子を見つけました。名前を聞いたら、エマと答えてくれましたよ。


P1010179.jpg



P1010180.jpg





スポンサーサイト

パリのゲイパレード

昨日25日(土)の午後、ゲイパレードを見に行って来ました。

午後2時にモンパルナスを出発したパレードは4時頃ゴールのバスティーユに到着する予定と聞いて、広場手前の沿道で待っていました。既に凄い人で、見物客の中にゲイカップルの姿も多く見かけましたよ。


P6250144.jpg


4時半頃 、けたたましいエンジン音と共にゲイモートクラブの団体がやって来ました。

その後、続々といろんな団体がパフォーマンスを見せながら、ゲイ、レズ、ホモセクシャルの権利を訴えていました。
とにかく皆明るいんですよね。仮装したり、音楽に合わせて腰をフリフリ踊ったり、見ている私達も一諸に楽しめました。
ゲイパレードだからゲイの人達だけかと思ったら、、賛同する若者や女性の姿も。若者達はお祭り気分で楽しんでいるみたいでしたけど。



P6250083.jpg



P6250089.jpg



P6250142.jpg



P6250133.jpg



P6250098.jpg



P6250100.jpg



P6250131.jpg



P6250068.jpg




堂々と行進する仲の良いゲイカップルを見る度に、日本に比べて本当にオープンな国なんだな~と改めて感じたのでした。


P6250120.jpg









    最終回 トロピカルな花々-2 とグスタビアの港

    連日ご紹介していますカリブ海旅行記も今回が最終回となります。

    トロピカルな花々のSt-Barth編(トロピカルな花々:カリブ海編はこちらから)

    サン・バルテルミー島で見かけた花々

    Le flamboyant

    燃えるような赤い花




    DSC_0216.jpg




    Le corossolier

    コロソルの木。 以前マダガスカルに住む知人にコロソルの実をいただいて、食べたことはありますが、コロソルの木を見たのは初めてでした。


    DSC_0212.jpg



    L'hibiscus

    ハイビスカス

    DSC_0214.jpg



    La rose du désert

    直訳すると砂漠のバラ

    DSC_0215.jpg



    le bougainvillier

    ご存知ブーゲンビリア


    カリブ海の典型的な建物。 ちなみにここはホテル


    DSC_0227.jpg




    Gustavia グスタビア港

    島の西側に位置するグスタビア港の周りは島の繁華街で、沢山のブティックやレストランが集中しています。エルメスやヴィトン、プラダの路面店も。
    St-Barth と言えば 「ST BARTH FRENCH WEST INDIES 」のお店。ここのTシャツはよく見かけました。多くのお店が既にセール中でしたよ。

    港には かつての領土 スエーデンやイギリス、そして現在のフランスの国旗を付けた船が多く停泊していました。



    DSC_0144.jpg


    丘から眺める景色は最高です! カリブ海はどこまでも碧く…………


    DSC_0260-1.jpg



    DSC_0259-1.jpg



    これでカリブ海、家族旅行記は終了です。長々とお付き合い頂きありがとうございました。







    Salineのビーチと天然の塩湖

    今日(日曜)は父の日。
    昼過ぎに義理父に電話したら、お昼に大好物の魚とエビをたらふく食べて、ご機嫌でした。
    プレゼントに家族旅行のフォトアルバムを送ったので、今頃見てるかな?


    さて、サン・バルテルミー島の続き

    一つ前の記事で紹介した自然のプールより少し西側にPlage de Saline サリンヌ ビーチがあります。


    ビーチの看板、可愛いですよね!



    DSC_0049-1.jpg


    駐車場から小道を通って行くと、急に視界が開けて、海はすぐそこ。


    DSC_0050.jpg


    遠くに見える、看板にも描かれている小さな島はCoco ココ島です。


    DSC_0054.jpg


    夏のバカンスシーズンにはビーチは沢山の人で賑わうそうです。 自然のままのビーチで、周りにはお店や施設などはありません。 オフシーズンだったので、人はまばらでしたけど、中にはトツプレスの方もちらほら。
    遠浅で、波も穏やかでした。


    DSC_0053-1.jpg


    これは駐車場の近くにある天然の塩湖です。海水が流れて溜まった小さな湖で、昔はここから塩を採っていたそうですよ。


    DSC_0063.jpg




    またまた看板を発見。

    こんな可愛い看板で 「空缶を忘れないでね!」 と言われたら ちゃんと捨てますよね!


    DSC_0052.jpg



    ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

    Merci

    人気ブログランキングへ



    Hiromi Paris blog:http://hiromiparis.blogspot.fr
    e-boutique: http://www.hiromi-paris.fr/ja/
    KOMEさんのHP:http://www.kolme-tokyo.com





    Picine naturelle de St-Barth 自然のプール

    サン・バルテルミー島には3つの自然プールがあります。
    その中でもカリブ海で1番きれいな自然プールは 島の右下側 Gand Fond グラン フォンにあります。

    2つのプールが隣り合わせにあり、手前側はより深くなっています。 3m位あるそうです。 主人達は手前の深い方のプールで泳いだり、潜ったりしてましたけど、さすがに私は足がすくんでしまって,写真を撮るのみでした。



    DSC_0160.jpg


    上の写真の右奥に Chasse d'eau シャス ドー と呼ばれる場所があります。シャス ドー とは水洗装置(トイレの)のこと。 本当にそのままでした。すごい勢いで水が吸い込まれていくんです。


    DSC_0163.jpg



    自然プールの上は岩山で、岸壁が続いています。



    DSC_0190-1.jpg



    そこで見かけた サボテンと野生のヤギの親子!


    DSC_0185.jpg



    DSC_00000000007.jpg








    プロフィール

    hiromi

    Author:hiromi
     


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。