les inoubliables

les inoubliables TOP  >  2012年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋めいてきたパリ

038.gif

パリは朝晩はぐっと気温が下がって、朝は9℃位と冷え込んできました。

先週まで半袖で船に乗っていたのに、パリに戻って一気に秋を感じています。

街行く人達は既にコートや革のジャケット着て、タイツやブーツを履いています。

私も慌てて衣替えをしました。寒くなるのはいやだけど、秋は好きな季節です。


P1010039-001_20120929023337.jpg


午前中に行ったモンマルトルで。観光客も少なくなってきましたね。

パリで生活していると、この街の風景が当たり前になって、良さを感じなくなってきますけど、

少しパリを離れて帰ってくると、パリの街の良さを再認識します。フランスの田舎や地方都市とは

違って、やっぱりパリは特別な街なんだな〜と。歴史的建築物があるのはもちろんですけど、

私達が住んでいる建物、特に古い建物と並木道の町並みは昔から変わらないパリそのものだし。

私にとっては一番歩いていて楽しい街かもしれません。



DSC_0299.jpg

これはpêche plate/ペッシュ・プラット、名前のごとく平らな桃です。

日本の桃に近い味と香りですが、日本の桃よりも甘みは強いです。

これからマルシェも秋の果物に少しずつ変わっていきます。


スポンサーサイト

パリに帰ってきました

038.gif


今日の夕方、義理の両親の家から車で6時間かけてパリに帰ってきました。

船を降りて、カルカソンヌに泊ってカスレを食べた後にAuchオーシュのお友達のお宅に泊まりました。

その後、義理の両親の家に寄って、2日間を過ごしたのですが、その間にお客様がいらっしゃったので、

料理を作ったり、片付けをしたりと休む暇無く。。。やっとパリに着いて一息しているところです。

明日から仕事モードに戻して、頑張りたいと思います。


昨夜の料理の写真をちょこっと紹介します。


Picasa8-1.jpg



左上から「クルジェットのキッシュ」その右は「ラルドン、トマト、シェーブルのキッシュ」

左下は「Gateau bretonガトー・ブルトン」ブルターニュ地方の焼き菓子です。お客様の手作りでした。

右下は「Tourtiere de Gascogne トゥルティエール・ド・ガスコーニュ」

これはAuchオーシュのお友達のお宅に行った時に初めて食べて、あまりにも美味しかったので、

Auchの帰りにこのお菓子を買ってきました。Gascogneガスコーニュ地方のお菓子だそうです。

上に薄いパイ生地が何層にもなっていて、とっても軽い、サクッとしたリンゴのお菓子です。

パイ生地を薄〜く伸ばして作るのだそうです。お家で作るのは大変そう。。。。

休暇中は地方の美味しい料理や食材を堪能しました。そして地方の美味しいワインも買ってきました。

フランスは地方によって景色や食べ物が違うので、毎回新しい発見や美味しい物に出会えるのが楽しみです。






カルカソンヌのCitéとカスレ

038.gif

金曜日の午後、最終地Crnonカルノン港に着きました。船の外側、内側をきれいに掃除して、

土曜日の朝に借りていた船を返しました。とても良い経験をしたし、楽しい船旅でした。

何より義理の両親が楽しんでくれて、良い思い出ができたようで良かったです。


DSC_0226-002-1.jpg

船を返した後、車(車を最終目的地まで運んでもらっていました)でCarcassonneカルカソンヌに向いました。

向うに見えるのは古代ローマ時代の城塞都市、Citéシテです。


DSC_0227-002.jpg


丘の上にあるシテに向う途中の町並み


IMG_0264.jpg



二重の城壁は総延長3キロにわたり、城壁内の小道にはお土産屋さんやレストランが並んでいました。


この地方の名物料理と言えば『cassoulet/カスレ』。

ソーセージや、ガチョウ肉、アヒル肉等と白インゲン豆を、

カソールと呼ばれる深い土鍋に入れて煮込んだ料理です。

夜はレストランに本場のカスレを食べに行ってきました。


IMG_0273.jpg



これで4人前です。

パリで食べたカスレよりも断然美味しかったです。


IMG_0274.jpg


コンフィ、ソーセージ入りのカスレでした。このレストランは義理の両親が若かりし頃に二人で

来たところだそうです。その頃は小さなお店だったのですが、今は立派なシックなお店に変わっていました。

でも味はその頃のままだったようで、二人も私達も美味しいカスレを堪能しました。


フラミンゴの生息する場所で

038.gif

船旅もあと1日とちょっとになりました。

Picasa7_20120921043059.jpg


外食は一度もせずに、すっと船で自炊しています。

着いた港の近くのお店や朝市などで土地の野菜、フルーツ、お肉、パテ、ワイン等を

買って、簡単な料理を作っています。昨日食べたム−ル貝も美味しかったですよ。


DSC_0188-002.jpg


Mèze港をお昼に出て、Sète港を抜けて、運河を通り、今は地中海の直ぐ側の

Cathédrale de Magueloneに停泊しています。今夜はここで泊まります。

ちょうどモンプリエの下の方になります。右側が地中海です。


DSC_0179-002.jpg


ここに着くちょっと前にフラミンゴが生息している場所を通りました。

フラミンゴ以外にもカモメなどの海鳥が沢山いる自然いっぱいの場所です。


DSC_0196-002.jpg


夕暮れ時の空がとても奇麗でした。明日は最終目的地に着く予定です。

最後まで船旅を楽しみたいと思います。





ミディ運河を抜けて地中海側へ

038.gif

DSC_0065-004.jpg

昨日の夕方にミディ運河を抜けて、地中海側に面した湖の入り口Marseillanマルセイヤンに停泊しました。

そして今朝早く、この港を出航し、2時間かけてMèzeメズに到着しました。


DSC_0071-006.jpg


運河を通っていた時とは違って、一気に視界が広がってきました。

遠くに見えるのは牡蠣の養殖場とMèzeの港です。


DSC_0080-004.jpg


Mèzeの港。海の港って感じです。運河沿いの港とは違って賑やかです。


DSC_0077-003.jpg



DSC_0082-006.jpg



DSC_0126-002.jpg



DSC_0108-002.jpg


お昼を食べた後はビーチへ。水が結構冷たくて、夫は泳いでいたけど、

私はビーチでのんびり寝転んでのんびりしていました。


DSC_0105-004.jpg


ここの牡蠣は美味しいと聞いていたので、早速お昼用に買ってきました。

もちろん白ワインも買ってきましたよ。とっても美味しかったです。

夜用にまた牡蠣とムール貝も買ってきました。今夜も海の幸を堪能したいと思います。





プロフィール

hiromi

Author:hiromi
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。