les inoubliables

les inoubliables TOP  >  スポンサー広告 >  voyage  旅行 >  ガボンの写真-2:シュバイツァー博士

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガボンの写真-2:シュバイツァー博士

038.gif

Albert Schweitzer 



昨日のガボン写真-1の続き

ガボン中西部のランバレネにシュバイツァー博士の記念病院があります。

夫達が泊まったホテルに2人のアメリカ人がいて、彼らがその記念病院で

熱帯風土病の研修中とゆう話を聞いて、訪れることにしたそうです。



Lambarene2



平屋建てのシュバイツァー記念病院



Lambarene3


博士とヘレーネ婦人の写真。



シュバイツァーは30歳を過ぎてからストラスブール大学で医学を学び、

38歳で医学博士を得て、その後ガボンのランバレネで医療活動を始めたそうです。

当時マラリアなどの熱帯風土病が猛威をふるい、医療器具や医療品の不足する

この地に病院を建設したそうです。



Lambarene10




会議室



Lambarene


執務室


Lambarene6



シュバイツァー夫妻の部屋は当時のまま残されています。



Lambarene7



書斎にはピアノが置かれています。実は彼は音楽家としても有名で、

7歳からピアノを習い、14歳でパイプオルガンも始め、バッハ研究家

でもあり、病院の資金援助の為に得意のパイプオルガン演奏活動を

していたそうです。



Lambarene9



シュバイツアー博士が人道医療活動を行っていたこの地に日本人の

高橋医師が滞在して、博士と共にハンセン病の治療をしていたそうです。

それでここに『日本人病棟』と記されているんですね。


この様に当時の住居、研究室、病棟などがそのまま保存されており、

医療現場と当時の質素な暮らしぶりを見る事が出来ます。


*ガボンは観光客がめったに訪れない場所なので、知らない方も

多いと思い昨日、今日とガボンの写真を紹介しました。

また機会がありましたら色々紹介したいと思います。



045.gif






    関連記事
    hiromiさんへ

    こんにちは。
    ガボンの写真興味深く拝見しました。

    ガボン 名前は聞いたことはありますが、どういった場所にある国か知らなかったので勉強になりました。
    これからも紹介してくださいね。

    Paris から帰り、お土産を配ったり、サロン ドゥ ショコラで買ったショコラを食べたり余韻に浸っております。
    カフェをしている友人に頼まれてガレットミックス(そば粉)を買って帰り、昨日はジャンボンフロマージュをごちそうしてくれました。
    おいしかったです。

    帰国してからもまだまだParisを満喫しています!
    では。
    [ 2011/10/26 21:12 ] [ 編集 ]
    maki24さん
    こんにちは。
    コメントありがとうございます。
    私もお恥ずかしい話、日本にいる時はアフリカのことをよく知りませんでした。
    あまりにも離れた所ですもんね。
    こちらに来て、やはり植民地の時代なんかもありましたから、ヨーロッパとは関係が深く、
    以前よりは身近に感じています。

    そば粉のクレープですね!
    日本に帰ってもフランス気分を楽しまれているようで、なによりです。
    私もsalon du chocolatで買ったチョコを姪っ子や甥っ子に配りましたよ。
    [ 2011/10/27 00:22 ] [ 編集 ]
    初めまして。昨年、初めてフランス、パリを旅行し、カルチャーショックを深く受け、二度ともう訪れることはないと思っていました。しかし自宅に戻ってからは、また是非にと思うようになり、こちらのブログをたびたび訪問しておりました。現在、サンパウロに在住しております。ガボンの写真、大変興味深く拝見しました。まさに訪れることのない、しかし、こうして紹介していただくととても惹かれます。パリの様子と共にまたご紹介ください。楽しみにしております。
    [ 2011/10/27 20:41 ] [ 編集 ]
    setsukoさん
    初めまして。コメントありがとうございます。
    数あるブログの中から訪問いただいてありがとうございます。嬉しいです。
    そうですか、カルチャーショックを受けられましたか.........でも分かります。
    パリはお洒落で素敵な街のイメージを持たれますけど、道が汚れていたり、地下鉄が汚く、匂いがしたり、
    浮浪者は多いし、住んでる人はそんなにお洒落じゃなかったり.........とイメージと現実のギャップは確かにあると思います。でも歴史的な建物や美術館を訪れたり、セーヌ川沿いを散歩しながら景色を眺めていると、やはり美しい街だなって思います。もしかしたら次回パリにいらしたら、違う印象を持たれるかもしれませんよ。

    ガボンは未だ行ったことがないのですが、写真を見たり、夫の話を聞いていると、ぜひ自分の目で見たくなってきます。最近は有名な観光地よりも、こんな場所に惹かれます。
    またブログに遊びに来て下さいね。

    [ 2011/10/27 22:45 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL


    プロフィール

    hiromi

    Author:hiromi
     


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。