les inoubliables

les inoubliables TOP  >  スポンサー広告 >  美術館、博物館、サロン >  立体地図を通して見るフランス:LA FRANCE EN RELIEF

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立体地図を通して見るフランス:LA FRANCE EN RELIEF

038.gif


昨日の続きです。日曜日の朝一グラン・パレに行ってきました。

グラン・パレでは1月18日から2月17日までLA FRANCE EN RELIEFと題した

ルイ14世からナポレオン3世までの時代の立体地図を通して見るフランス展が開催

されています。地理好きな夫にお共したんですけど、私も楽しんできました。

雪が降ってるし、寒いからきっと空いてるだろうと予測して早めに出かけました。

いや~寒かった!暖房が効いてないので、これから行く方は防寒対策が必須です!



relief5


会場の入り口を入ってすぐの所にフランス全土の大きな地図がありました。

「僕はここの出身だ」とか「おばあちゃんはここに住んでるよ」とか

大人も子供も夢中で縁のある場所を探して楽しそう!


relief6


グラン・パレの内部はこんな感じ。メインの屋根は鉄とガラスで覆われています。



relief


これが立体地図。フランス北西の港町Brest(ブレスト)です。

フランス最大の軍港です。



relief7


かなり大きいですよね。こんな模型が16点くらいありました。

ほとんどの模型は7世紀から19世紀までの物だそうです。



relief2


これはアルプス山脈。



relief8


木、岩、家などかなり精密に作られています。

模型の土台は木で、木や岩など自然に近い素材で出来ています。


IGNとゆう組織があります。

Institut géographique nationalの略で国立地理調査所のことです。

IGNはこの展覧会に協賛していて、入り口にあった大きな地図はIGNによるものです。

地理に興味のある方は是非寒さ覚悟で行ってみて下さい。

入場料は5ユーロです。











    関連記事
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL


    プロフィール

    hiromi

    Author:hiromi
     


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。