les inoubliables

les inoubliables TOP  >  スポンサー広告 >  美術館、博物館、サロン >  ロマンティックなだけに.....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロマンティックなだけに.....

038.gif


1週間くらい前のこと。用事があってオペラ辺りからピガールに向けて

歩いてる途中にMusee de la Vie Romantiqueロマンティック美術館の前を

通ったので、久しぶりに寄ってみました。


romantique2



閑静な住宅地にある静かな通り(Rue Chaptal)から1本入った路地の奥に

緑の1軒家が見えます。これがロマンティック美術館。

夏の間はサロン・ド・テになる庭があって、バラの季節は特に美しい。

常設展は無料ですが、入り口で無料券を貰って中に入ります。

「無料券下さい」と言ったら、受付のおじさんが「ロマンティック券ね」って。

そんな名前の券なの?「僕はロマンティックだから」とちょっとおちゃめなおじさんでした。



romantique


ここはアリィ・シェフェール(画家)の邸宅だった建物で、

当時ロマン主義の芸術家が親交を深めるサロンでもありました。

平日だったから館内はがらがらで、私も含めて5~6人くらいでした。

2階の女流画家ジョルジュ・サンドの書斎に入ろうとしたら、先客が。

1組のカップルがロマンティックな雰囲気で...ちょっと入るのを遠慮しました。

このサンドの書斎には彼女の手の彫刻が恋人ショパンの手の彫刻と並んで

展示されています。当時のロマン主義の芸術家達の暮らしぶりがインテリアや

展示されている絵で感じることができます。壁紙やカーテンもよく見ると、

なんともロマンティックな雰囲気。

展示品は少ないけれど、一人静かな時間を過ごすにはオススメな場所です。


Musée de la Vie Romantique

住所:16 rue Chaptal 75009 Paris
メトロ:Pigalle、Blanche
時間:10:00~18:00
閉館日:月曜日・祝日








    関連記事
    こんにちは☆
    去年ココも行きました!
    無料券を貰うことを知らなくてわたしが行ったときは女性だったんですが
    一瞬意味がわからなかったです。。。おじさんおちゃめですね。
    サロン・ド・テも行きたかったんですが見たら人がいっぱいで
    入る勇気なかったです・・・バラの季節いいですね~~☆
    こじんまりしていてひとりでぶらっと行くにはすごくよかったです♪
    [ 2012/02/11 14:45 ] [ 編集 ]
    ☆non☆ さんへ
    こんにちは。
    ☆non☆ さんも行かれたんですね。
    冬は庭でのんびりってわけにはいきませんけど、春~夏は外の庭が気持ちいいんですよね。
    ふらっと立ち寄るには良い場所だと思います。
    [ 2012/02/12 02:18 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL


    プロフィール

    hiromi

    Author:hiromi
     


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。