les inoubliables

les inoubliables TOP  >  スポンサー広告 >  voyage  旅行 >  シャンパンを求めてReimsへ <後篇>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンパンを求めてReimsへ <後篇>

シャンパンを求めてRiems へ<前編>はこちらから


翌日の朝、再びノートルダム大聖堂を訪れた後、シャンパン用のピンク色のかわいいお菓子Biscuits roses de Reims
とクグロフを日曜の朝食用に購入。

reims12.jpg

reims13.jpg

可愛いピンク色のお菓子 Biscuits roses de Reims<ビスキュイ ローズ ド ランス> シャンパンに合います!
reims26.jpg


Kougelhof<クグロフ>  アルザス地方の干しブドウ入りパン菓子。
パンのブリオッシュ生地を専用の型で焼いた焼き菓子です。マリー・アントワネットがクグロフを大好きで、フランスのルイ16世に嫁いだときに、 一緒に持ちこんだといわれ、フランス中で大流行したお菓子。 王冠のような型をクグロフというのだそうです。
reims25.jpg


その後、フジタ礼拝堂(Chapelle Foujita Notre-Dame de la paix)へ行きましたが、残念ながら10月~3月は閉館でした。想像していたよりもはるかに小じんまりした可愛らしい礼拝堂でした。藤田嗣治のフレスコ画が見れるとゆうことで、楽しみに行ったのに。。。来年までおあずけです。
reims14.jpg

reims15.jpg

Chapelle Foujita
33, rue du Champs de Mars
51100 Reims



フジタ礼拝堂のすぐ近のMUMM社で見学とシャンパン試飲ができます。

F1グランプリは1999年まではモエ・エ・シャンドンが公式シャンパンとして使われていたのですが、2000年よりマム社のコルドン・ルージュが公式シャンパンとして指定されているそうです。

reims16.jpg

reims17.jpg

午後 ランスを出発し、ランスとパリの中間くらいにある、Château-Thierry<シャトー・ティエリー>に寄ってみました。
マルヌ川をはさんだ町で、北側の丘に建てられた城塞跡には城壁や城門跡が残っています。
また、寓話作家ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ Jean de la Fontaine が生まれた町でもあります。
私は知りませんでしたが、フランスではとても有名な寓話作家で、夫は教科書の中でよく読んだそうです。

reims18.jpg

reims19.jpg

reims20.jpg

reims27.jpg


reims21.jpg

城壁からは中世の町が見渡せます。ちょうど教会の鐘が鳴り響き、まるで中世にタイムスリップしたようでした。
reims22.jpg

reims23.jpg


ランスはパリより寒く、夜は震えながらのクリスマス市でしたが、大好きなシャンパンも堪能できて、最高でした!
パリからそんなに遠くないので、シャンパンツアーをするも良し、車があれば、シャンパン造りの村に立ち寄りながらドライブしてみてはいかがですか?







関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

hiromi

Author:hiromi
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。