les inoubliables

les inoubliables TOP  >  スポンサー広告 >  voyage  旅行 >  カナルクルーズは体力が必要

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナルクルーズは体力が必要

038.gif

今朝、Hompsオンプス港から出発して順調に運河クルーズが始まりました。


DSC_0073-002.jpg

しばらく進むと、続けて6つの水門を通らなければなりませんでした。

これが大変なんです。パリのカナルサンマルタンのクルーズでこの水門の仕組みは

知っていました。あの時は乗っているだけだったので楽でしたけど、今回は自分達で

あの作業をしなければなりません。水門に近づくと船から飛び降りてロープを結んで、

水門が開いたら橋をロープを持ちながら通って次の水門の前でまたロープを結んで。。。

初めは要領を得なかった作業も段々慣れてきたけど、疲れますね〜あの作業。


DSC_0083-002.jpg

船で運河を進んでいる時は暑くもなく風もあって気持ちいいですよ。

お昼は料理を作って、食べて、昼寝してまた船で移動です。9月とはいえ

まだまだ船旅を楽しんでいる人は多く、特にイギリスの方やドイツの方を多く見かけました。

今日の停泊地はLe Somail ル・ソマイユです。ここに船を接岸するのが水門の時よりもっと大変で、

強風で船が押し戻されそうになって、渾身の力を振り絞って、なんとか船を岸まで寄せて、木にロープで

しっかり結びました。ロープを引っ張っている時に手は擦りむくは、足は擦りむくは。。。トホホ

でも普段やらない事が出来て、良い経験になっています。


DSC_0115-002.jpg


船で夕食を食べた後、ル・ソマイユの村を散策しました。

小さな村で、教会、民宿、レストランやカフェが川沿いに並んでいました。


DSC_0121-001.jpg


カフェレストラン


DSC_0125-001.jpg


古い水車小屋


DSC_0130-001_20120916035155.jpg


昼間の運河は水面に光が反射してキラキラと綺麗ですが、夕方の運河もなかなか趣があります。

パン屋さんを探しても見つからなくて、船がお店になっているところで聞くと、明日の朝なら

予約出来るとのこと。クロワッサン、パン・オ・ショコラ、バゲットをと予約しました。

明日の朝は焼きたての美味しいパンを食べられそうです。自転車で買いに行ってきます。


DSC_0119-002.jpg


カモの親子。他にもアヒルや白鳥を沢山見かけました。

良い日曜日をお過ごし下さいね!




関連記事
こんにちは!
船旅って優雅で素敵☆って思ったのですが現実はなかなか大変ですね~
子供のころの少年自然の家を思い出しました。
逞しくなってパリへ帰ってくださいね。
[ 2012/09/17 21:36 ] [ 編集 ]
maki24さんへ
こんにちは!
いや〜毎日色んなことがあって大変です。予期せぬことだらけで。。。。
カナルクルーズは一種のスポーツですよ!かなり日焼けもしました。
夕方港に着くとアペロ、ディナーが楽しみです。土地のワインやソーセージ、チーズ、フルーツなんかを堪能しています♪ 
[ 2012/09/18 04:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

hiromi

Author:hiromi
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。