les inoubliables

les inoubliables TOP  >  スポンサー広告 >  パリの生活 >  ショソン・オ・ポム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショソン・オ・ポム

038.gif

日曜日は晴れて気温が20℃位、薄手のジャケットを着ていても暑くて脱いでしまったほどでした。

木曜日の夜に帰ってきた夫でしたが、今朝またロンドンに向けて出発しました。


最近お天気が悪くて外出を控えていたので、ちょこっと散歩にマレまで行ってきました。


DSC_0275-002.jpg

途中のマルシェでニンジンとカブを買いました。

この泥のついたままのニンジンが美味しいんですよ。


DSC_0283.jpg


先日リュクサンブール公園の記事で「こちらは紅葉じゃなくて黄葉かな」と書きましたが、

蔦は奇麗に紅葉していました。光が十分に当たっている場所はあざやかな赤色に。

秋の観光シーズンなんでしょうか?沢山の観光客の方を見かけました。

特にマレ地区は日曜日でも開いているお店が多いので、今日は人が多かったのかも。


DSC_0293.jpg


帰りに買ってきた今日のおやつは「ショソン・オ・ポム」。アップルパイですね。

ショソンはスリッパの意味ですが、半月パイのこともショソンと言います。

パン・オ・ショコラやパン・オ・レザンと同じ様にポピュラーで、

どこのパン屋さんでも売っています。私の大好きなViennoiserie(菓子パン)の一つです。


DSC_0297-002.jpg


サクサクのパイ生地と甘さ控えめのアップルピューレが絶妙です。

ついでに「Tradition(トラディション)」を買おうと思ったら売り切れでした。

残念。。。。代わりに「パン・ド・カンパーニュ(田舎パン)」を買ってきました。

日本でフランスパンと言えば「バゲット」ですが、「トラディション」もほぼ同じ形で、

バゲットより若干高めです。でも風味や食感は違います。

時間と手間をかけた分トラディションの方が断然美味しいと思います。

私はいつも「よく焼けたパンを」とお願いします。パンの焼け具合も好みがあって、

「それじゃなくて、その隣のを」なんて指定する人もいたりします。

毎食のことだから、少しでも美味しい、好みのパンを選びたいんですよね。


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

hiromi

Author:hiromi
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。