les inoubliables

les inoubliables TOP  >  スポンサー広告 >  パリの生活 >  クレジットカードのお話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカードのお話

038.gif


先日夕方のテレビを見ていたら、クレジットカード悪用の話をしていました。

クレジットカードの裏の署名の横にある3桁のセキュリティ番号をシールかなにかで

隠した方が安全と言っていました。あの3桁の番号はネットでショッピングする時にのみ

必要になるはずですが。では何故隠す必要があるかとゆうと、お店でカードで支払う時に

カードを店員さんに渡して、暗証番号を押して、レシートと共に返してもらいますよね。

カード情報はお店の控えにあって、あとセキュリティ番号がわかればそのカードを使って

ネットでショッピングされてしまう可能性があるらしいのです。

仮にその店員さんが悪意のある人であった場合、返す前にその3桁を覚えておいて悪用されて

しまうかもしれません。とゆうわけで、その番号を控えておいて、シールを貼るなりして隠しなさい

と言っていました。どうなんでしょうね、実際は。。。。。


フランスでは現金はできるだけ持たないで、カルトブルーとゆうvisaなどのカードと提携した

ICチップ付きの銀行発行のカードで支払います。支払いの際には自分でカードを専用機具に差込み、

4桁の暗証番号を押す場合が多いですが、お店の方にカードを渡して、暗証番号を押す場合もあります。

カード社会のフランスだから、ちょっとこの番組を見てから気になっています。



DSC_0007-006_convert_20121214074742.jpg

本日のおやつ。
何度か紹介したことがある Blé Sucré(ブレ・シュクレ)のエクレアはかなり美味しいです!













関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

hiromi

Author:hiromi
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。