les inoubliables

les inoubliables TOP  >  スポンサー広告 >  パリの生活 >  十分ご注意を

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十分ご注意を

038.gif


海外に住むとゆうことは、常に危険と隣り合わせだなと感じることは多いけど、

フランス軍が西アフリカのマリへ軍事介入した事、アルジェリアの事件をうけて

昨日、在フランス日本大使館からお知らせのメールを受け取りました。それによると、

『仏政府は、マリへの軍事派遣等を受けてイスラム過激派の仏に対する反発が強まることを想定し、

仏国内の公共施設や交通機関等においてテロ警戒を強化することを発表しました。』とのこと。

フランスに渡航する人や滞在者に要注意勧告が出ているのです。


そのメールにリンクされていた外務省の海外安全ホームページには下記の事項がありました。


1.1月9日以降,マリ北部で,マリ国軍とイスラム原理主義武装集団の戦闘が激化し,11日,マリ暫定政府からの要請を受けた仏が軍を派遣し,同武装集団への攻撃を行いました。この攻撃を受けて,イスラム原理主義武装勢力アンサール・ディーンは,「全世界のイスラム圏に住むフランス人は代償を払うことになるだろう」との声明を発表しました。

2.一方,1月12日,オランド仏大統領は,マリへの軍事派遣等を受けてイスラム過激派の仏に対する反発が強まることを想定し,仏国内の公共施設や交通機関等においてテロ警戒を強化することを発表しました。

3.ついては,フランスへ渡航・滞在される方は,以上の状況を考慮し,テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。特に,公共施設を訪問する際や交通機関利用時には周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意してください。



同じページのトップに、海外では「自分の身は自分で守る」と書いてあります。

正にその通りで、危険な場所には近づかない、少しでも危険を感じたら、その場から逃げる等は

最低限のこと。先日もブログに書いたように、私も必要な用事以外は、

なるべく人が大勢集まる場所には行かないようにしています。

被害に遭わない為にも「自分の身は自分で守らないと」。

これからパリにいらっしゃる方は十分ご注意下さい。


P1010074-001.jpg


雪は雨に変わりました。通りの雪はもうほとんどありません。










関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

hiromi

Author:hiromi
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。