les inoubliables

les inoubliables TOP  >  スポンサー広告 >  パリの生活 >  気さくなプレフェクチュールの職員

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気さくなプレフェクチュールの職員

038.gif


3月の終わりに滞在許可証の更新の申請をし、本日受け取りに

シテ島にあるプレフェクチュールに朝一で行ってきました。


 
プレフェクチュールはノートルダム大聖堂のすぐ側にあります



月曜の朝だから混んでるかな?と思って受け取り場所に行ってみると、

待っている人が4、5人くらいしかいなくて、ラッキー。去年はかなり待ったから。

10分くらいで私の番号になったので、部屋の中に入って必要書類を出して

待っていると、隣のカウンターの職員の方がちょうど受け渡しが終わった後で、

私の担当の方に「何だか調子わるいな〜カフェが飲みたいな」と話しかけました。

担当の方が「僕も」と言ったので、隣の方が「じゃ、カフェ4つお願いします!」と。

もちろん冗談ですけど。4つと言ったのはカウンターに担当の方が4人いたからですね。

何だかおかしくて笑ってしまったんです。そしたら隣の職員の方が私を見て

「マダムは日本人ですか?」と聞かれたので、「そうですよ」と答えました。

「日本人はカフェより緑茶を沢山飲むんでしょ?」と質問をされたので、

「人によりますね、私は緑茶よりもカフェをよく飲みますけど」と答えました。

どうやら日本人は常に緑茶を飲んでるイメージらしいです。

今度は私の担当の方が「先日、30ユーロする緑茶を見たけど高いですよね」と。

30ユーロは現在のレートで4000円弱になります。最近1ユーロ=130円くらいなんです。

それは高い。「高いですね。でもきっと質の良いお茶だと思いますよ」と答えておきました。

なんと気さくな職員の方達。今日はそんなに混んでなかったから、のんびりした感じでした。


それにしても私を日本人と直ぐに分かったのは、さすがに毎日移民を見ているからなのか?

とゆうのも、よく中国人に間違われるんです。日本人を見て、日本人なのか、中国人なのか、

はたまた韓国人なのか、見分けがつかないフランス人の方が多いのです。






今朝は雲一つ無い青空で、セーヌ川沿いを歩いて帰りました。









関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

hiromi

Author:hiromi
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。