les inoubliables

les inoubliables TOP  >  スポンサー広告 >  パリの街角 >  色の感覚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色の感覚

038.gif



近所のイタリアンレストランのオーナーが変わり、只今改装中です。

前のオーナーは奥さんがイタリア人でしたが、旦那さんのシェフは南米の方でした。

料理は結構美味しかったですよ。前オーナーは自分でペンキを塗ったり、照明を変えたり、

テーブルや椅子、メニュー板など、わりと良いセンスだなと思っていました。


ところが今回のオーナー+スタッフは全員イタリア人で、前レストランの比ではなかった。

イタリア人の色彩感覚とデザイン感覚に脱帽です。

国によって好みの色はあって、例えばフランス人なんかはどちらかとゆうとシックで、

基本的に黒が好きですよね。特に秋冬は黒ばかり。まぁ刺し色に明るい色はありますけど。

私の感覚だと一番色使いが上手なのはイタリア人じゃないかなぁと思います。

この新しいお店にはグリーンの色を多用しているのですが、これが違和感なく、

お店の雰囲気にマッチしているんです。決してビビットな色使いではありません。

何日もかけて壁を削って(?)元の石がむき出しの状態にしたり、ブロカントで見つけてきた

アンティークの木のドアを修理してトイレのドアにしたり、テーブルや椅子もおそらくアンティーク

だと思います。どれ一つ同じ物は無くて、形も色もバラバラだけど、全体的にバランスがとれてる。

これだけ色を使っていてもバザーにならないところが凄いなぁ。



フランスでもイタリアでもそうだけど、作り過ぎていない所が魅力で、なかなか日本人には真似出来ない

部分ではあります。日本人が作ると、作業は細かくて、キレイだけど、きちっとし過ぎている感じ。

でも風土や習慣、国民性が違うんですから、物作りの考え方や感覚が違って当然ですね。

改装も終盤にさしかかってきました。どんなお店に仕上がるのか、肝心の料理はどうなんだろう。

オープンしたら是非行ってみたいと思います。




DSC_2650.jpg

写真は記事とは関係ありません。セーヌ川に架かるノートルダム橋です。







関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

hiromi

Author:hiromi
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。