les inoubliables

les inoubliables TOP  >  スポンサー広告 >  パリの街角 >  Panthéonとキューリー夫妻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Panthéonとキューリー夫妻

パリはここ数日寒い日が続いています。今朝はかなり冷え込んで、-3℃でした。

日曜日の朝はパン屋でフィセル(細いフランスパン)やクロワッサンを買ってきて、家でゆっくり朝食を取るのが我が家の習慣です。 とにかく日曜日はのんびりしたい私達。

外は寒かったけれど、午後5区のカルティエラタンへ散歩に出かけました。

パリの5区、聖ジュヌヴィエーヴの丘、名門高校のLycée Henri-IV(アンリ4世高等学校)の傍にパンテオンがあります。
8世紀後半に、サント=ジュヌヴィエーヴ教会として建設されましたが、後にフランス史に貢献した偉人を祀る場所となりました。
ここにはキューリー夫妻、ヴィクトル。ユーゴ、ジャン=ジャック・ルソーなどの名立たる偉人が眠っています。

壮大なドームが見えますか? パンテオンの正面です。
pantheon.jpg

入口天井の見事な石の彫刻です。1755年に建設が始まって、1792年竣工されたそうです。

パンテオン内は8ユーロで見学できます。

panthepn2.jpg

広場の正面の道 Rue Soufflot を下るとリュクサンブール公園(Jardin du Luxembourg)にたどり着きます。

公園内の噴水のある池の水は凍っていました。

天気が良かったので、池の周りの椅子で日向ぼっこしたり、散歩している人達をみかけました。私達もちょっとカフェタイム。


公園を出て、Monge方面に向けて歩くと、カルティエラタンの名のごとく、いくつも学校があります。

そしてキューリー夫妻の研究室があった、Ecole de Physique et Chimie Lindustriellesです。

ecole3.jpg

建物の側面には確かにここはキューリー夫妻がラジウムを発見した研究所であると記されています。

ecole4.jpg

キューリー夫妻はここで研究に打ち込み、そして今はこの町に眠っているんですね。












    関連記事
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL


    プロフィール

    hiromi

    Author:hiromi
     


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。