les inoubliables

les inoubliables TOP  >  スポンサー広告 >  ロンドンの街角 >  お気に入り地区:レッドベリー・ロード界隈

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気に入り地区:レッドベリー・ロード界隈

038.gif

今日(土)は一日パッとしない曇り空でした。

今回の滞在2回目のノッティングヒル散策をしてきました。

前回はポートベロー・マーケット中心でしたが、今回はちょっと

ポートベロー通りから中に入ったレッドベリー・ロード界隈です。

パリの一番の散歩コースはマレ地区。ロンドンでもそんな場所を探して

散策しているのですが、今のところポートベロー界隈の小道も含めて、

ここが一番マレ地区に似ている場所ではないかと思います。



Ledbury Rd/レッドベリー・ロードで好きなブティックを見つけました。

aimé (エメ)


DSC_4037.jpg


お店の名前がフランス語だな〜と思いながら中に入ってみました。

ここにはイザベルマランをはじめフレンチブランドのセレクトが並んでいます。

後でネットで調べたら、フランス人の姉妹が開いたブティックのようです。

やっぱりね。。。すごく好みです。ロンドンのお店を色々見ていて気づいたのが、

ロンドンブランドよりもフランスブランドの方が好みであること。洋服だけではなくて

アクセサリーやインテリアなんかもひっくるめて。これは好みの問題なんですよね。

aimé
住所:32-34 Ledbury Road,London W11 2AB



aiméのお隣はpetit aimé(プティ・エメ)

こちらはaiméの子供服のお店になっています。この界隈にはいくつか子供服の

お店があって、どこも可愛いお店ばかりです。フランスのBonpointもあります。

この辺の閑静な住宅地に住むお洒落な親子がショッピングをしていました。

DSC_4038.jpg


そのお隣はイギリスのアンダーウェアブランドBodas(ボダス)です。

DSC_4039.jpg




レッドベリー・ロードとウエストボーン・グローブの交わる角にある

Westbourne Grove Church/ウエストボーン・グローブ教会です。


DSC_4042.jpg


この教会の一階はフレンチブランド

CLAUDIE PIERLOT クローディピエルロになっていました。

フランスには教会の下にブティックなんて所はあるのかな?

ブティックだけではなくて、なんと礼拝堂の上のフロアを近代的で

お洒落なお部屋に改装してしまったとゆうから驚きです!


DSC_4052.jpg



ウエストボーン・グローブの通りにもブティックが並んでいます。

TOASTとゆうお店はなかなか良かったですよ。

手前が洋服、奥のスペースはホームウエアやインテリア小物が並んでいます。

肩の落ちたワンピースなど着やすそうでした。素材の使い方も面白かったです。


DSC_4046.jpg

TOAST
住所:191 Westbourne Grove Notting Hill London W11 2SB



ウエストボーン・グローブの通りで一番賑わっていたのが

レストランGranger & Co.

シドニー発のレストランbillsのロンドンの第一号店です。

「世界一の朝食」と言われているらしいので、機会があれば是非食べてみたい!

あっ、既に日本に何店舗かあるみたいです。知りませんでした。

DSC_4047.jpg

Granger & Co.
住所:175 Westbourne Grove London W11 2SB







関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

hiromi

Author:hiromi
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。