les inoubliables

les inoubliables TOP  >  パリの生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リュバーブのヨーグルト

038.gif

DSC_3384-002.jpg


今日は天気予報通り、32℃位まで上がり、久しぶりの夏日でした。

夏日とはいっても、ひところの暑さではなく、過ごしやすかったです。




郵便局の帰りにカルフール(Carrefour)に寄って、

リュバーブのヨーグルトを買ってみました。


DSC_3389.jpg



ふたのラベルを見ると、La Ferme du Manègeと書いてあります。

調べてみると、La Ferme du Manègeはノルマンディーにあり、

15人くらいで構成されたグループによってヨーグルトを生産しているそうです。

ノルマンディーの広大な牧場で育てられた120頭あまりの雌牛からとれる牛乳から

このヨーグルトは作られているそうですよ。なんだか美味しそう!



DSC_3394.jpg


緑っぽいリュバーブが見えますでしょうか?とっても素朴な味でした。

リュバーブの酸っぱさが程よく、甘過ぎず、美味しかったですよ。

同じシリーズでレモン、ナチュール、苺などもありました。






ラ・ラントレ

038.gif

rentree.jpg


いよいよ、フランスではLa Rentrée (ラ・ラントレ)(新学期)が始まりました。

上のイラストは今日のgoogleフランス版です。新学期らしいイラストです。

私は普段、googleの日本版とフランス版の両方使っているのですが、

googleは国によって時々イラストが違っているのが興味深いところです。

ちなみにフランスでは、日本とは異なり、9月から新しい学年が始まります。

8月末にはスーパーや百貨店では新学期に向けての文房具や洋服などが並び、

リストを手に買い物をする親子連れの姿をよく目にしました。



DSC_2837.jpg


今日は27℃位まで気温が上がりました。

予報では明日、明後日は30℃を越える夏日になりそうです。

まだまだ夏服が活躍しそうです。






パリに戻ってきました

038.gif

昨日の夜、ユーロスターでパリに戻ってきました。

ロンドン=パリ間は2時間15分くらいですから近いですよね。

パリからユーロスターでロンドンに行く時は北駅発になります。

イギリスの入国審査はイギリスではなくこの北駅で受けなければなりません。

その際、入国カードを書いて審査官に渡します。イギリスの入国審査は厳しく、

私も幾つか質問を受けました。フランスの滞在許可証も提出するのですが、

来月の末に期限が切れるところもしっかりチェックされました。

その後、空港と同じように荷物のセキュリティーチェックがあります。

反対に帰りのフランス入国審査は簡単で、滞在許可証を機械に通し、

パスポートをちらっと見ただけで終了。




ロンドンの我が家の近くの花屋さん

DSC_3136-001.jpg




これから毎月パリとロンドンを往復する予定です。

イギリスのビザを取得するまでは、毎回ユーロスターの往復チケットが必要です。

イギリスのビザ取得について色々と調べたところ、EU圏出身の夫を持つ妻が取得出来る

家族ビザがあるようです。当初フランスで申請する予定でいましたが、

ロンドンの知人に聞いたところ、イギリスで申請可能であることが分かりました。

今後の予定としては先ず、来月末で期限が切れるフランスの滞在許可証を更新する。

あ、滞在許可証の更新の為のランデヴー、かなり前もってネットで予約したのですが、

去年に引き続き期限内でのランデヴーは取れませんでした。本当に毎回毎回。。。。

したがって今年もレセピセをお願いしに14区まで行かないとだめなようです。

話がそれてしまいましたが、フランスの滞在許可証を更新した後、今度はイギリスの

ビザを申請するとゆうことらしいです。もう少し詳しく調べる必要がありますね。

ちなみに夫はフランス人なので、自由に行き来出来て、仕事も出来ます。

こんな時、ヨーロッパの人達は羨ましいな〜と思います。



同じく近所の通りにはアンティ−クショップが何軒かあります。

DSC_3130.jpg








開いてて良かった!

038.gif


明日から1週間くらいロンドンに行って来ます。

色々と頼まれた物などを手配して、荷物の準備ができたので、

夕食をとりながらメールのチェックをしたら、フランスのお客様から

オーダーが入っているではありませんか。時刻は夜の8時前。

もう郵便局は閉まっています。明日の朝は7時45分のユーロスターに

乗るのですが、その前に行きたくても郵便局は開いていません。

困ったな〜どうしよう。。。最悪ロンドンから荷物を送ろうかな。。。。

その時ふと渋谷郵便局のことを思い出しました。東京で働いていた時に時々

渋谷の道元坂だったかな?夜間受付から海外に書類を送っていたのです。

「もしかしたらパリならば夜間でも開いている郵便局があるかもしれない」と思い、

急いでネットで調べました。そしたらレアルの近く、Etienne Marcel

ほぼ24時間開いている郵便局がありました。メトロでそんなに遠くないし。

急いで梱包してメトロに飛び乗りました。4番線のEtienne Marcelで降りて

Etienne Marcel通りを西に進んで行った所に「パリの中央郵便局」はありました。



DSC_3107.jpg



いや〜開いてて良かった!中に入って機械に荷物をのせて切手を購入し、受付に渡して

送り完了です!局内は混んでいましたよ。なんだか他の郵便局より活気がある感じでした。

愛想は良し、対応は敏速、さすが中央郵便局だけあるな。やれば出来るのね。


DSC_3103.jpg


今まで朝まで開いてる郵便局の存在を知りませんでした。

便利なので、詳細を載せておきます。

住所:48/52 Rue du Louvre 75001 Paris

時間:月〜土は7:30〜翌日6:00、 日・祝は10:00〜翌日6:00 

年中無休です。


ロンドンのフラットは最近引っ越したばかりで、夫も忙しく

荷物が片付いていないようです。先ずは掃除、片付けから始めなくては。

ベランダも荒れ放題らしいし、必要な物の買い出しもあるし。

あ、それからフラットのネットがまだ繫がっていないので、

ブログの更新は難しいと思います。もしかしたら何処かで出来るかもしれません。







パリに戻ってきました

038.gif

昨日の夕方、田舎からパリに戻ってきました。

そして今朝5時に夫は車でロンドンに向かいました。

今日から彼はロンドンです。向うも良いお天気、暑い様です。



DSC_2601.jpg
昨日、田舎からパリに向かう途中のヒマワリ畑



1週間、こちらの家族、親戚、知人と共に過ごしてきました。

プチバカンスと言えども、一番のイベントは義理父の誕生パーティー。

休む暇も無く、食事を作ったり、片付けで終わってしまった感じです。

いや〜20人以上の食事を手作りするのは大変ですね〜量が半端じゃない。



DSC_2342.jpg


時間を見つけてパーティーの様子などを紹介していこうと思いますので、

またお付き合い下さい。





ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

Merci

人気ブログランキングへ



Hiromi Paris blog:http://hiromiparis.blogspot.fr
e-boutique: http://www.hiromi-paris.fr/ja/
KOMEさんのHP:http://www.kolme-tokyo.com









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。