les inoubliables

les inoubliables TOP  >  excursion 小旅行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリからちょっとお出かけ:ジヴェルニー モネの家-2

昨日のジヴェルニーの続き

モネの蓮池を堪能した後はモネの家へ。

モネは43歳で家族と共にヴェルニーに移住し、50歳で家を購入して晩年をここで過ごしたそうです。




monet3


        これがモネの家。緑と淡いピンクの壁がなんとも可愛らしい!


monet4


家の中は撮影禁止の為、外観のみです。

2階建ての建物で、1階の入って左側奥にはアトリエがあり、当時の家具がそのまま置かれています。壁にはもちろんモネの絵が。私の大好きな日傘をさしたカミーユの絵もありました。

1階右側にはまず全体がイエローで統一されたダイニングルーム。

壁には沢山の浮世絵(北斎や歌麿など)が飾られていますが、その数の多さにびっくり!個人でこれだけのコレクションは珍しいのでは。。。食器棚には東洋と西洋の食器が並んでいました。

こんな鮮やかなイエローの部屋の中に浮世絵がうまく調和しているところは流石モネ!

ダイニングの隣はキッチン。

ブルーが基調のタイル張りで、壁には鍋やフライパンが架けられています。調理台、炉はプロ使用らしいです(他の方の説明を横聞きしました)。

2階は寝室。べットがやけに小さい気がしましたけど、モネは小柄だったんでしょうか。。。。

階段手前の小さい裁縫部屋?には当時のミシンと白刺繍のナップ類が置かれており、壁紙の柄も素敵でした。




monet9


              テラスに置かれた日本風な植木鉢。




monet6




白、ピンク、イエロー、沢山の花が咲き乱れる家の前の庭です。

色ごとに奇麗に植えられた花々。あえて分けたんでしょうか。。。

モネのパレットを覗いている感じがしませんか?


monet10





monet1





monet11





monet2



 
住所: 84, rue Claude Monet 27620 Giverny

時間:  4月1日~11月1日の9:30~18:00

    



  帰り道、セーヌ川を渡るとVernonの小さな町。 可愛らしい観光案内所の建物。


giverny5



           ジヴェルニーを出た途端、急に雨が止み青空に。

           もう少しモネの庭にいれば良かったな! 

giverny6






















    パリからちょっとお出かけ:ジヴェルニー モネの家-1

    パリからちょっとお出かけ、今回はGivernyジヴェルニーです。

    ジヴェルニーは1年以上前から行きたかった場所。先週のテレビでジヴェルニーにあるモネの家の特集を見て、益々行きたくなって、今日(日曜)行ってきました。

    10時半にパリから車で出発し1時間半弱で到着。

    駐車場近くのレストランGentilhommièreで昼食を取ることに。


    giverny


                   小道の奥がレストラン

                   曇り空でしたけどテラス席で




    giverny2


    Salade campagnade 田舎風サラダ

    サラダはもちろん、パンが最高に美味しくてオーナーに聞いたら、「この田舎パンは大きくて、2キロもあるんですよ。近くの小さい村にあるパン屋で仕入れてるんです。」とのこと。お変わりをいただきました。

    食事が終わり、デザートとカフェを待っている間にぽつぽつ雨が降り出したので、中に移動。
     
     


    DSC_0032-1_20110905014032.jpg


    小雨の中モネの家へ。事前にネットでチケット(9ユーロ 美術館、モネの家共通)を購入していたので、並ばずに入れました。

    上の写真はモネの家と庭のマップ。右下があの睡蓮で有名な池、左がモネの家と広い庭です。



    DSC_0039_20110905014031.jpg




    しだれ柳、そして睡蓮が浮かぶ池に架かる緑の橋はPont japonais 日本風太鼓橋です。まさに日本庭園。




    DSC_0040.jpg



    モネが描き続けた睡蓮。 


    DSC_0046_20110905014029.jpg




    giverny4




    DSC_0049-1_20110905014144.jpg



    ここで、あの『睡蓮』が生まれたんですよね~  雨の蓮池を見ながらモネの世界に浸りました。


    明日はモネの家を紹介します。


























      パリからちょっとお出かけ: Mauex モー

      昨日の土曜日、午前中に家の用事や買い物を済ませて、「午後から何しよう?」と二人でお昼を食べながら考えてました。

      天気が良いから外に出たいのだけど。。。パリ市内はまだまだ観光客が多いしね。

      そう今年の夏は例年に比べてパリは観光客が多いんです。

      ラジオによると、ずっと天候が悪かった為、観光客は南仏よりもパリに集中したらしいのです。

      一昨日マレを歩いている時に何組もの団体旅行客を見かけました。

      じゃ、パリからちょっとお出かけする?とゆうことに。 

      行き先はMauex モー 

      パリから車で1時間弱で到着(ランス方向、デイズニーランドから近いですよ)。



                 マルヌ川(la rivière de la Marne)



      DSC_0002.jpg



             マルヌ川には白鳥が何羽も  カメラを向けると寄ってきました。


      DSC_0005.jpg




             サン=テテイエンヌ大聖堂(Cathédrale Saint-Étienne de Meaux)



      DSC_0033.jpg





      小さな街にしては、かなり立派な大聖堂です。外は暑くても大聖堂の中はひんやり。

      しばらく椅子に腰掛けて見事なステンドグラスを眺めてました。



      DSC_0020.jpg





      DSC_0029-1.jpg


      大聖堂の横にある庭


      DSC_0043.jpg



      DSC_0049.jpg


      外に出るとやっぱり暑い! 

      カフェでパナシェと甘いものが欲しくなってリュバーブとイチゴのタルトを注文。


      モーは小さな街で大聖堂以外は特に見る所はありません(モーにお住まいの日本人の方がいたらすいません)。

      でもマルヌ川の辺りにはブルジョワな家が何軒かあるので、それを見ながら散歩しても良いかもしれませんね。
      白鳥もいるし。。。マルシェもありましたよ。


      パリからちょっとお出かけ、次はどこに行こうかな?




      La Roseraie de Provins プロヴァンのバラ園

      プロヴァン散策3回目 今回はLa Roseraie de Provins プロヴァンのバラ園です。

      プロヴァン散策-1 はこちらから
      プロヴァン散策-2 はこちらから


      町の外側を流れる川(Fausse Riviere )の近くにこのバラ園はあります。

      これがバラ園の入り口

      P5010239.jpg


      中に入ると、先ずはブティック、その奥がカフェ


      DSC_0213.jpg


      外のテラスでもカフェやデザートがいただけます!


      DSC_0209.jpg


      全体的にはバラは未だ蕾の物が多く、夏の方が良いかもしれません


      P5010289-1.jpg


      私達はここの庭でピクニックしました。 タブレも食べましたよ!


      DSC_0164.jpg



      DSC_0167-1.jpg



      かなり広い庭で(3ヘクタールあるそうです)途中に休憩出来るベンチやデツキチェアーがあり、私達もデツキチェアーに寝転んでのんびり日光浴しました。


      DSC_0190.jpg




      DSC_0197-1.jpg




      P5010294-1.jpg



      是非 バラが満開の時にまた訪れたいと思います。


      以上でプロヴァン散策は終了です。 パリから車でも電車でも1時間くらいと近いので、旅行のプランに加えてみてはいかがでしょうか。 今の時期はプロヴァンに向う道は菜の花や麦畑が見渡せて綺麗ですよ。


      La Roseraie de Provins

      住所 11 rue des Pre 77160 PROVINS

      4月2日~4月30日は週末のみ 14時~18時
      5月1日~10月2日は毎日 開いています 10時~19時
      10月3日~12月24日は週末のみ 14時~18時

      Tel 01 60 58 05 78

      www.roseraie-provins.com










        Provins プロヴァン 散策-2

        プロヴァン散策2回目 (プロヴァン 散策-1 はこちらから)


        11世紀~13世紀にかけて、プロヴァンの大市はヨーロッパの中でも最も重要なものでした。
        下の写真の図で示しているように、東西南北から運ばれた商品がここで売買されていました。


        DSC_0087.jpg




        La Grange aux dimes グランジュ・オ・デイーム

        ここでは当時の商人の様子を人形を使って紹介されています。

        オーディオガイド(英語かフランス語)では中世の定期市の賑わった雰囲気が味わえます。

        ・オーディオ込みで一人 3.8€でした。 地下も有



        イタリアの商人. イタリアからは香辛料、絹織物、染料、などが運ばれていました。

        DSC_0090.jpg



        両替商. ヨーロッパの国々から商人が集まるのですから、両替商は必要不可欠だったのでしょう。

        DSC_0093.jpg



        その他 皮商、仕立て屋、陶器、石切り………実に様々な商人達がここに集まりました。



        DSC_0000000000000015.jpg




        旧市街地の街並みです

        至る所から聞こえる鳥のさえずりを聞きながらの散歩は気持ちが良かったですよ!


        DSC_0119.jpg




        DSC_0000000000000014.jpg




        DSC_0130.jpg



        新市街地の様子
        古い木組みの建物の間に現代の建物もあり なかなか良い雰囲気! 日曜日でしたので、多くのお店は閉まっていましたが、こちらが現代の商人達が商売している場所。

        DSC_0039.jpg



        街の外側を流れる川には カナル親子が!


        DSC_0141.jpg



        La Roseraie de Provins プロヴァンのバラ園に続く…












          上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。